高鮮度水産市場に向けて

HACCP

3つの視点からHACCP対応水産市場を計画します

モデルプランのボタンをクリックするとポイントとなる機能がご覧いただけます。

3つの視点 対象 機能
消費者へ安全で信頼のできる製品を供給します 外周 鳥害対策の実施
活魚殺めゾーン 活魚殺めゾーンを明確に区分し設置すると共に単独排水処理として、製品への汚染を防止する
売場入場エリア HACCPの一環とし売場入場エリアに手洗い・靴洗浄装置を設け、クロスコンタミを防止する
車路 入出荷バースへの動線を一方通行とし、物流動線の円滑化を図る
入出荷バース 外気を遮断する閉鎖構造
排気ガス排気設備を設置し場内への汚染を防止
高床式により売場への外部車輌進入を禁止し汚染を防止する
売場 直接床に商品を置かない
HACCPを意識した明解なゾーニングを計画
あらなどの保管はオゾンを使用
地域環境を大切にして守ります 外周 車両アクセスルートの設定、検証の実施
売場入場エリア ゴミ分別収集エリアの設置
厳しい労働環境を和らげます 外周 防風シャッターによる北風の遮断

支援技術

関連情報
[サービス・ソリューション]
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ