運用コンサルティング

ヒトの流れの効率化



病院内の業務手順を整理し、IT(医療情報システム)を活用した病院運営業務の効率化や患者サービスの充実を図ります。
null

医療情報システムの課題

医療情報システムの導入の際、本体の選定だけではなく、周辺の診療支援システムなどとの適合性や導入に必要な投資計画などを含めて、全体的に考えることが重要です。

ところが、導入するシステムのメーカーを決めた後に病院内のシステム運用を考えると、メーカー側の仕様に縛られ、新システムの操作習得期間が不足したり、既存データの移行に膨大な時間と手間が掛かるなど、病院内の業務手順を整備できないまま開院を迎えてしまうということがあります。

システムメーカーは自社のパッケージシステムを病院に導入することを目標にしているので、運用の開始とともに両者の思惑のギャップが多く表面化してくるのです。

大成建設の提案

大成建設はそうした運用とパッケージのギャップを生じさせないために、新システム導入をご検討のお客様には、まず開院後のシステム運用方法(業務手順・端末設置場所等)を設定することをご提案し、 医療情報システム(電子カルテシステム、オーダリングシステム、放射線システム等)の選定はもとよりシステム運用計画を立案いたします。

医療情報システム検討手順

ページ上部へ