運用コンサルティング

全体運用の最適化

病院ごとに異なる運用上の特性を的確に把握し、その病院にあった設計や運用改善をご提案します。

病院における運用検討の重要性

建物が出来あがった後、動き始めた医療や看護の診療活動を止めずにその中身(運用方法や医療機器の配置)を見直そうとすると、多大な時間、労力やコストを要することになります。

よりよい病院を目指すには、計画の前段階から病院を構成している要素の目的や役割を検討しておき、全体の運用方法を決めておく必要があります。

まずは、現状の問題点を洗い出してから計画に入ることが運用改善への近道となります。

大成建設の取り組み

円滑かつ効果的に病院内の運用環境を改善するポイントは、最適な運用方法を事前に定めることです。

大成建設では、各部門スタッフのヒアリングをもとに病院のニーズの全体像(課題・問題点)やスタッフの要望を明確にするとともに解決方法を導き出し、最適運用をご提案いたします。

病院運用エンジニアリング フロー

ページ上部へ