ホーム > サービス・ソリューション > 施設用途から探す > 医療福祉施設 > 事業のご相談とソリューション事例


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

事業のご相談とソリューション事例

大成建設は、医療福祉専門チームにおける30年を超える経験・実績を保有しています。
それぞれの病院・施設には、その特性により様々な課題があり、それに応じた解決方法を検討することが重要です。数多いご相談事例の中からいくつかをご紹介します。

260床の急性期病院の院長先生から

先代から病院を引き継いだ2代目の院長先生は、以前の勤務医時代の経験を活かした方向性を検討中でした。

ケアミックス病院(一般80床、療養240床)の事務長様から

地域の急性期〜慢性期の医療を担い、トータルに対応することで周辺住民の信頼を得てきました。

療養病床80床の理事長先生から

地域の高齢者医療に熱心に取り組んできました。今回の療養病床削減に対応しつつ、高齢者医療を継続することがご希望です。

都市部にある240床の精神科病院の院長先生から

都市部の精神科病院として、急性期から慢性期まで全ての患者さんを対象に診療を続けてきました。

診療所の開設を希望する勤務医の先生から

若い頃から新しい看取りの形態に関心が高く、自宅に似た環境で医療を提供したいと考えていました。

ページ上部へ