建設コンサルティング

良い資金調達方法はありますか?

不動産を担保とする金融機関からの借入に変わり、新しい方法による資金調達が始まっています。
個々の特徴と資金調達の目的を明確にした取り組みが必要になります。
資金調達の目的に沿った最適な手法の選択や、不動産の証券化、SPCの組成など、専門家が資金調達のお手伝いを行います。

(1)不動産の証券化(大規模資金の調達に適する)

  • 不動産を証券化し、特別目的会社(SPC)を通じて金融機関や投資家等から資金を調達する。
  • SPCが病院の建物を所有し、医療法人はSPCから建物を賃借し、SPCに賃借料を払う。

(2)診療報酬の証券化(少額・短期の資金調達に適する)

(3)地域医療振興債

関連情報
[サービス・ソリューション]

ページ上部へ