経営コンサルティング

介護分野での事業を進めるには?

STEP-2:施設形態・事業方式の検討

高齢者住宅には、事業主体や入居対象者の介護度、提供するサービスなどにより、多様な種類があります。また、行政の整備枠があるものもあります。
多様化する高齢者住宅の中から、地域特性、お客様の法人特性に合った形態・事業方式のご提案をいたします。

事業方式のパターン

*2007年 4月:医療法人による有料老人ホーム設置運営が可能
*2011年10月:「高齢者住まい法」の改正により、高齢者専用賃貸住宅・高齢者円滑入居賃貸住宅・高齢者向け優良賃貸住宅が「サービス付き高齢者向け住宅」として一本化

関連情報
[サービス・ソリューション]