経営コンサルティング

これからの精神科病院は?

STEP-3:事業内容に適正な施設環境を提案

統合失調症が主体の疾患構成から、認知症・児童思春期・ストレスケアなど、疾患・年齢層が多岐にわたる現在、その各々の患者に最適な施設環境を整えつつ、かつ高い看護効率も求められます。
患者からも評価され、運営効率が高い病院を目指します。

急性期病棟のユニット化の提案

認知症病棟のケーススタディ

ユニット型病棟の提案スタンス

ユニット型病棟の計画は現在増加傾向にあると考えます。しかしながら、計画の中には特別養護老人ホームに代表されるような、療養環境の向上に主体を置くものが少なくないのも事実です。
大成建設は、多様な疾患への同一病棟内での対応のため、或いは認知症の治癒効果に寄与するためなど、治療あるいは経営の向上に繋がるような医療施設として根拠あるユニット型病棟の提案を心掛けています。

関連情報
[サービス・ソリューション]