経営コンサルティング

これからの急性期病院は?

STEP-0:現状分析と評価

戦略立案の最初のステップは、自院の現状分析と行政動向の把握となります。
これらのマッチングにより、経営的な課題を抽出します。

現状分析・評価

  • 診療内容の分析・・・患者数、在院日数、初診率、手術件数等
  • 運営効率の分析・・・医師数、看護師数、その他職員数、生産性、業務効率
  • 患者特性の分析・・・地域別シェア、紹介率、逆紹介率
  • 経営効率の分析・・・診療単価、人件費比率、委託比率
  • 地域の全患者数の内、自院への来院比率の把握
  • 来院患者の居住エリアの確認


  • 科目別の診療機能検討
  • 他病院と比較による単価水準の検討

医療政策の動向

  • 専門医数、看護師数
  • 在院日数の短縮
  • DPC移行の準備
  • 診療報酬での評価項目の変更
  • 医療法の改正
  • 地域連携の可能性
  • 医療法人制度改革への対応
関連情報
[サービス・ソリューション]