高齢者・身障者にやさしいホテル

実績

ホテルA

パブリックトイレには車椅子利用者に対応した身障者用トイレを設けている。

ハンディキャップルームのある客室階には、廊下に手すりを設けている。

ハンディキャップルームのバスルームは、手すりを設けたり、床の段差をなくす等、車椅子での利用者にも配慮している。洗面台は片側が麻痺した方が斜めに近づいても蛇口までの距離が一定になるように丸い形のモノを採用している。

ホテルB

ハンディキャップルームのバスルームは、手すりを設けたり、床の段差をなくす等、車椅子での利用者にも配慮している。洗面台は片側が麻痺した方が斜めに近づいても蛇口までの距離が一定になるように丸い形のモノを採用している。バスタブへのアクセスの際、一旦腰を掛けられるスペースを設けている。

ハンディキャップルームでは車椅子の利用者にも配慮し、通路幅を広くとってあるほか、起き上がり補助機能(リクライニング)の付いたベッドや、介護者用のベッドを設置している。

ページ上部へ