食品工場「安心フルコース。」

トレーサビリティ対応

大成建設はフードチェーン全体のトレーサビリティ構築に向けた第一ステップとして、食品工場内のトレーサビリティをIT利用により実現します。

食品関連施設におけるトレーサビリティ構築のメリット

食品関連施設におけるトレーサビリティの構築は、企業のリスクマネジメントにつながります。

1)万が一、食品事故が起きた際、「問題の原材料を使った製品はどれか」、「どの工場のどのラインか」といった情報を迅速に突き止める事が可能になります。トレーサビリティを確立しておけば、必要な情報を素早く得られ、消費者の不安を最小限にとどめ、風評被害を低減できます。

2)消費者や取引先の食品安全のニーズに応え「努力義務化」を果たすことができます。「不良な原材料を使っていないか」、「保管状況は適切だったか」といった問い合わせに対して履歴情報を示すことができます。

トレーサビリティ対応施設の一例

トレーサビリティ対応の施設


ページ上部へ