衛生的な食肉センターに向けて

HACCP

HACCP対応食肉センターを計画する3つの視点

モデルプランのボタンをクリックするとポイントとなる機能がご覧いただけます。

3つの視点 対象 機能
消費者へ安全で信頼のできる製品を供給します けい留バース 生体搬入から製品出荷までのワンウェイ動線の採用
外部エリアからの昆虫などの異物進入防止バリアシステムの採用
室内 作業内容の分析による明確なゾーニング区分の実施
クロスコンタミのない人・物の動線の確保
SA ゾーニング別更衣・サニタリーシステムの採用
大動物部分肉加工室 室内の陽圧化と清浄ゾーンに応じた空調の採用
地域環境を大切にして守ります 大動物解体室 血液処理設備の検討
大動物部分肉加工室 省エネルギーシステムの採用(中間期・冬期の外気冷房空調システム)
魅力ある労働環境を創ります 内臓加工室 空調システムと一体化した洗浄時換気システムの採用
休憩室 作業休息エリアの充実
大動物部分肉加工室 コールドドラフトを感じさせない低温空調システムの採用

支援技術

関連情報
[サービス・ソリューション]
Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ