FM導入物語

FM導入物語

ファシリティマネジメントを導入する背景もタイミングも三者三様。
ここでは、『大成建設のファシリティマネジメント(FM)』の“−”、“+”、“∞”を軸に3つのストーリーを展開していきます。

※内容はすべてフィクションであり、登場人物も架空のものです。

第1話 課題を発見し解決するFM

所有する病院の老朽化と敷地の区画整理を機に、複合テナントビルの建設を決意した院長の安田。しかし、賃貸事業に関する知識は皆無に等しく、不安を抱えながら大成建設へ連絡したところ・・・

第2話 強みを活かすFM

自身が勤める医薬品メーカーで、研究所の老朽化にともなう耐震対策を任された岸本。判断材料に乏しく、建て替え?リニューアル?移転?と方向性に悩んだ彼は、大成建設へ相談してみることに・・・

第3話 継続的発展を支えるFM

家電メーカーの総務部に勤務する山田にある日会社から下った任務、それは事業継続計画(BCP)の策定と地震対策の立案だった。BCPに関する知識に乏しく、通常業務に追われる山田がとった行動は・・・

ページ上部へ