大成建設のファシリティマネジメント(FM)

お問い合わせの多いサービス

事業継続計画(BCP)策定支援

事業継続計画(BCP)は、様々なリスクを乗り越え、会社を「元気」にする手法です。
2007年11月には英国規格協会(BSI)より、事業継続計画の第三者認証であるBS−25999が発行されました。 この規格をベースに事業継続計画がISO化になる動きもあり、その動向が注目されています。このように、外部から事業継続計画(BCP:Business Continuity Plan)の策定を求められる動きが活発化されていますが、事業継続計画を策定することで事業影響度分析等を通して会社を客観的に見直すことができ、業務改善につながるなど、様々なメリットがあります。「競合他社に差をつける」、あるいは「競合他社に差をつけられない」ためにも前向きにBCP策定をご検討ください。

事業継続計画(BCP)の策定に向けて、ファシリティの視点からご支援します。

【お客様ご自身で決定する事項】
  • 事業継続方針
  • 重要業務の特定
  • 目標復旧時間の設定
【大成建設が支援して、お客様ご自身で決定する事項】
  • 地震による施設の被害想定
  • 施設の要求水準の設定
  • 改善策   など

具体的支援サービス

震度予測・液状化危険度予測
  • BCPで特定した重要拠点が地震によって受ける被害を、当社のシステムを用いて簡易予測
  • 重要業務に関わるヒト、モノ、情報といったリソースとその業務プロセスについて、現地調査やヒアリングを重ねてリソースマップに整理
  • ファシリティに関するリスクの洗い出しと、効果的な減災対策の立案。その費用対効果や実施手順について検証

リスクマップ・リソースマップ

お客様のメリット

  • 重要業務に影響するリスクが「見える化」され、関係者間での共通認識や合意形成に役立ちます。
  • 煩雑な作業も、作業を分担することで短期かつ効率的にBCPを作成することができます。
  • リスクに対する具体的な対策と、そのコストが分かることで費用対効果の検証、修繕計画の立案が可能になります。