健康・快適な室内環境づくり

対策技術説明

放散技術

完成後の建物で室内空気汚染が疑われる場合、建物用途・汚染状況などから、最適な濃度低減のための処置を行います。

ホルムアルデヒドの濃度低減技術(低減技術の一例)

  • ホルムアルデヒド吸着剤の使用
    吸着剤のタイプは様々ですが、適材適所と的確なメンテナンスで効果はあります。

     

  • 空気清浄器の設置
    密閉室内でも濃度低減が可能ですが、各室に設置するとコストアップになります。

     

  • 換気による低減
    簡易で効果的方法。換気扇の運転や自然換気(窓開け換気)をまめに行うことも有効です。

     

  • 機械換気設備の設置
    常に低い濃度を保てますが、コスト・既存建物への設置には検討が必要です。