健康・快適な室内環境づくり

対策技術説明

バックアップ技術

測定・予測・評価技術

建材測定

建材の特性を評価・計測する装置により、実際の環境に準じた条件で発生量を評価できます。

室内濃度測定

様々な建材・換気方式などの組み合わされた室内の濃度を測定することで、汚染対策のためのバックデータを収集します。

室内濃度予測プログラム

部屋の間取りと換気量、建材と接着剤の種類などを入力すると、ホルムアルデヒドなどの有害化学物質の室内濃度が予測できる当社独自のプログラム。汚染量が少なく、かつ低コストの建材の組み合わせを見つけ出すことができます。