健康・快適な室内環境づくり

Q&A

よくある質問にお答えします。

Q. 「シックハウス症候群」「シックビル症候群」って何?

新築・改築後の建物で、入居者が「目が痛い」「頭痛がする」などの体調不良を訴える症状が多発しています。これをシックハウス症候群、シックビル症候群と呼んでいます。

Q. 「化学物質過敏症」って何?

ある量または時間を越えて化学物質に触れ過敏状態になると、その後その化学物質に接触すると微量でも過敏症状を起こすことがあり、化学物質過敏症と呼ばれています。まだ未解明な部分が多く詳しいことは解明されていません。

Q. このような症状があらわれた原因は何?

有害物質を放散する建材などが普及した、建物の気密性が向上したり空調が完備されて換気が十分にされない、現代人が食生活やストレスで抵抗力が低下した、など原因は色々言われていますが、正確な因果関係は明確にされていません。

Q. こんな症状を発生させる犯人は誰? また、どういうものに含まれているの?

「シックハウス症候群」や「化学物質過敏症」などの原因となる化学物質・発生源には以下のようなものがあります。指針値が暫定のものもありますが、近いうちに設定される見込みです。

主な汚染物質 主な発生源 室内濃度指針値(厚生省)
ホルムアルデヒド 合板(フローリングを含む)、ボード類、接着剤、防カビ剤 100μg/m3(0.08ppm)
トルエン 塗料、接着剤 260μg/m3(0.07ppm)
キシレン 塗料、接着剤 870μg/m3(0.20ppm)
パラジクロロベンゼン 防虫剤、防臭剤 240μg/m3(0.04ppm)
スチレン 断熱材、接着剤、塗料 220μg/m3(0.05ppm)
エチルベンゼン 塗料、接着剤 3,800μg/m3(0.88ppm)
フタル酸ジ-n-ブチル ビニール壁紙、各種塩ビ製品、断熱材、塗料、接着剤 220μg/m3(0.02ppm)
クロルピリホス 防蟻・防腐・防カビ剤 1μg/m3(0.07ppb)
<小児 0.1μg/(0.007ppb)m3
TVOC   400μg/m3(暫定目標値)

※TVOC(Total Volatile Organic Compounds):全揮発性有機化合物

Q. これから空気汚染物質の規制はどういう方向に進むの?

1970年 ビル管理法制定
1992年 省エネルギー基準強化
1997年6月 ホルムアルデヒドの室内濃度指針値を設定
2000年4月 厚生省生活衛生局企画課生活化学安全対策室において「シックハウス(室内空気汚染)問題に関する検討会」発足
2000年6月 トルエン、キシレン、パラジクロロベンゼンの室内濃度に関する指針値策定総量規制や上記以外の4種のVOC※(スチレン・エチルベンゼン・フタル酸エステル類・クロルピリホス)の指針値制定の動きがある。

※VOC(Volatile Organic Compounds):揮発性有機化合物

各省庁の動き

厚生労働省・国土交通省・農林水産省・経済産業省・環境省・文部科学省などが、単独または共同で取り組みを行っています。