建物緑化による屋上の有効活用

緑化の効果

環境対策はもとより、さまざまなメリットがあります。

東京都では「東京における自然の保護と回復に関する条例(自然保護条例)」を改定し、都市のヒートアイランド防止のための緑化対策を強化しました。
建物緑化は、環境保全対策はもとより、事業者や施設利用者にとっても、さまざまなメリットがあります。

地球環境にとって

  • ヒートアイランド防止
    夏期の屋上面への太陽エネルギーの蓄熱を緑化によって防ぐことが出来ます。緑は生き物であり、葉温の上昇を防ぐための蒸散作用が都市気候を緩和します。
  • 建物の省エネルギー

都市環境にとって

  • 都市型洪水の防止
    植栽土壌の保水機能により、雨水が土壌中に一時貯留される遊水池の機能を果たすことになります。
  • 都市景観の向上

事業者にとって

  • 社会貢献による企業イメージの向上
  • 見晴らしの良さ、照り返し防止効果による室価値の向上
  • 集客力の向上およびテナントへの付加価値
  • 屋上ガーデンとして新規ビジネスへの活用
  • リラクゼーション効果による生産性の向上
  • 集客力・テナントへの価値向上

施設利用者にとって

  • くつろげる空間
  • 自然や生き物と触れ合える空間
  • 外部と遮断された安全で快適な屋外スペース
  • プライバシーが保たれた屋外空間
  • 家庭菜園など実用的な利用
関連情報
[サービス・ソリューション]