2次電池工場エンジニアリング

エネルギー・環境の変化により更なる市場の拡大が期待される2次電池業界。

大成建設は建設業界の枠を超え、生産プロセスにまで踏み込んだ2次電池工場エンジニアリングを展開しており、建築工事のみならず、お客様のご要望に最適なプロセス装置を数多く導入し、施設のトータルソリューションを提供しています。

リチウムイオン電池・キャパシタ工場の建設をご検討中のお客様は是非ご相談ください。

大成建設の2次電池工場エンジニアリングの主な特化技術

 

  1. 生産プロセスに適合したドライ環境構築
    特定のプロセスエリア、自動倉庫など一定の空間全体をドライ化することはもちろん、装置内のみドライ化し、露点保証する局所技術により大幅なイニシャルコスト・ランニングコスト低減を実現。


  2. 量産化に対応した連続混練システム
    電極板に塗工するスラリーを製造する混練工程において、量産化には非効率と言われる大型混練機によるバッチ混練に代わり、粉体・液体を定量供給して連続的に混練する連続混練システムを開発・納品し、生産の効率化を実現。


  3. 効率的な真空乾燥装置
    省エネ化及び乾燥時間の短縮による生産の効率化を目指した全自動蒸気式真空乾燥装置を提供。

 

大成建設では、40年以上の経験を持つエンジニアリング本部がお客様を全面サポート。これらの特化技術を駆使し省エネルギー・省スペース・生産性が高い2次電池工場をご提供いたします。