植物工場をお考えの皆様へ

戦後日本の食生活が米や魚介中心の食生活から欧米型の食生活へと変わり、それに伴って海外からの安い輸入食品に依存するようになったことにより、日本の食料自給率は今や先進国の中でも最も低いものとなっています。ところが、輸入食品において本来安全であるべき食品の不正や病害虫の発生などが度重なり、近年あらためて国内での生産を見直す動きが活発化しています。

こうした動きに対し、農林水産省が食料自給率向上に向けた国民運動『FOOD ACTION NIPPON』推進本部を設置するなど、行政側も対策を打ち出し始めています。雇用の創出への期待も高まり、経済産業省、地方自治体の期待も大きく、官民一体の体制づくりを進めています。

大成建設では、食品・医薬品施設づくりや環境事業などで培った技術・知識・経験も取り入れながら、植物工場の事業企画から事業運営まで皆様のニーズに応じて幅広くお手伝いいたします。

事業化支援

事業化支援

アグリビジネス参入をご検討中の皆様をハード・ソフト両面でご支援いたします。

LED植物工場ユニット

LED植物工場ユニット

植物工場用に開発したLED照明を使った栽培ユニットをご紹介いたします。
関連情報
[プレスリリース]

ページ上部へ