土木の仕事
社員メッセージ
仕事の内容
私の「地図に残る仕事。」
入社の決め手
工事に最適な機械を考え、カスタマイズしていく

『中部横断城山トンネル他工事』は静岡県と山梨県を結ぶ中部横断道のうち、身延ICと六郷ICの間の山中に、内空断面積78平方メートルの『城山トンネル』と『鴨狩津向トンネル』の2本、合計約2kmのトンネルを掘削する工事です。工期は2012年1月から2015年3月を予定しています。

 私の担当は、機械設備の設計・施工・維持管理です。

 今回の現場は、現場の入口からトンネルの入口まで工事用車両を通すため、高低差約26m、延長約370mの仮設桟橋を山肌に設置する設計となっています。仮設桟橋は高低差を補うためにジグザグに上がるように設計されており、その桟橋上にベルトコンベヤを設置して掘削した土砂を搬出する計画でした。しかしジグザグした桟橋にコンベヤを設置すると乗継部が多くなり、騒音の問題が懸念されました。そこで民家や道路から離れたトンネルの入口近くに土砂落下用の筒状の塔を設置し、筒の内部に交互に板を取付け、土砂を階段状に落下させる計画にしました。また一部のベルトコンベヤは現地のカーブに合わせて湾曲したベルトコンベアを特注しました。このように現場に合わせて設備や機械を計画して製作・設置するのも、我々、機械系社員の仕事です。トンネルは掘ってみるまで詳細な地質が分からない工事。現場の状況に合わせて、掘削機械などもメーカーと相談しながら選定していきます。機械以外にトンネルの仮設も担当しています。様々な業務を手がけ、オールマイティな知識と経験を身につけていけるのが土木(機械)の特徴ですね。

共に創り上げる、それぞれの「地図に残る仕事。」

 自分が手がけたものが実際に地図に残るのは嬉しいことです。しかし、それ以上に嬉しいのは、多くの人とコミュニケーションをとりながらひとつの目的物を造り上げていくことだと、思っています。

 私はブルガリアのソフィア地下鉄延伸工事に携わりました。ブルガリア人、イギリス人、スロバキア人、タイ人、そして日本人と、非常に多国籍な現場でした。共通言語は英語ですが、それが通じない人もいます。私は機械の担当に専念していましたが、専門用語を英語で伝えることは難しく、なかなか意思疎通ができません。ただ、工事の目的や図面については、皆が理解しています。そこで私は無理して英語を使わずに、日本語で指示を出してみました。やるべきことはお互いが分かっているので、なんとか通じるのです。工事が終わる頃には、みんな日本語を理解できるようになっていましたね(笑)。「みんなとひとつになってやり遂げた」と実感できた思い出深いプロジェクトです。

 大成建設は、たくさんの工事を手がけています。その規模は大小様々ですが、現場での思い出が自分や共に働いた人たちの胸に残っていれば、それはきっとそれぞれにとっての「地図に残る仕事。」になると思うのです。

ブルガリアソフィア地下鉄延伸工事

専門性を活かすには、まず一般知識を身につけろ

「ゼネコンって、なんだ?」

 学生時代、その言葉を聞いたときは、正直そんな気持ちでした。電気電子工学を学んでいたこともあり、建設会社への就職は考えていませんでしたから。ゼネコンの存在を知ったのも、就職活動を始めてから。就職担当教授に薦められたのがゼネコンだったのです。その後、大成建設のリクルーターから「君の知識を活かせる場所がある」と教えられ、建設業界に興味を持つように。現場見学会に参加し「こんな大きなプロジェクトに関わりたい」と考え、入社を決めました。

 入社してしばらくは仮設の設計・施工や測量ばかりをしていましたね。大学で学んだ知識を使う場面は少なく、新たに勉強をしなければならないことばかり。土木の知識が無かったので、基礎から勉強しました。資格も取りました。入社して間もなく「電気電子工学の専門知識を活かせるのは工事の一部でしかない」と気づきました。入社すれば「原籍・土木」の社員の一人。働くためには土木全般の知識が必要ですし、活躍しようと思えば人一倍勉強しなければなりません。全体の知識を身につけた上で、自分の得意分野が活かせる業務があれば、そこで専門知識を活かせばいいのです。確かに大変で、厳しい仕事です。でも、それ以上にやりがいを感じられる仕事でもあります。大きな達成感を分かち合える、人との出会いがある仕事です。それが楽しめる人にとっては、この仕事は一生の仕事になると思いますね。

仕事の内容

私の「地図に残る仕事。」

入社の決め手

土木系の社員メッセージ
土木(施工)[清水 裕介] 土木(施工)[松本 侑士] 土木(施工)[田中 美帆] 土木(施工)[笹西 孝行] 土木(設計)[中 隆司] 土木(機械・電気)[三好 新]
土木(機械・電気)[金木 洵太朗]
キャリアステップ

2002~2003

静岡県富士市 第二東名富士川橋(その2)工事

2004~2006

神奈川県川崎市 首都高川崎縦貫線トンネル工事

2008

ブルガリアソフィア地下鉄延伸工事

2009

東京都八王子 南浅川トンネル工事

2009~2011

山梨県都留市 早川土木トンネル工事

2012~

山梨県身延町 中部横断城山トンネル工事

休日の過ごし方

休日は仕事を忘れて遊ぶことにしています。休みを妻と合わせて、温泉に行くことが多いですね。旅行先でうまいものを食べるのも、楽しみのひとつです。