建築の仕事
社員メッセージ
仕事の内容
私の「地図に残る仕事。」
入社の決め手

 設備設計は、建物の機能を決める仕事と言えます。建物の規模、用途、お客様の希望など、様々な条件に合致する設備のシステムを選びます。省エネの数値目標が条件であったり、化学薬品を扱う工場では工場内で仕事をする人と周辺地域に配慮する上で、安全面の厳しい取り決めがあったりします。あるいは、既存と同じシステムを希望されるなど、計画段階ですでに採用する設備が条件として決められていることもあります。プロジェクトごとにある条件を整理し、最適解を探しだし、具体的に図面を作っていくのが、設備設計の仕事です。建物の機能を決定する設備設計は、計画の初期段階から関わることが多くあります。意匠や構造の設計が、設備設計の決めたシステムを元にして決まっていくことも多く、とても責任のある仕事です。

 入社してから病院の設備設計を数多く手がけてきました。増改築では、病院を稼動させたまま工事を進めることがほとんどです。病院の機能を止めることはできないため、万が一にも、患者様に危険が及ばないよう細心の注意を払って設計することが求められます。また、病院は医療行為に応じた特殊な機器を扱うことが多く、常に専門知識や経験のある社内外の専門家に相談しながら進めてきました。同じ建物は二つとなく、全ての工事が一期一会。設備設計で扱う機器もまた同じです。今まで担当したそれぞれの工事で身につけた経験、得た人脈は次に活かせる武器になっています。

 現在は工場や物流倉庫の設備設計を担当しています。大きな冷蔵倉庫の設計では、保管するものがどんなものかを考慮して設計します。初めての経験ですが、ノウハウや考え方は病院を担当していた頃と同じ。経験と人脈を活かし、新たに学ぶことの刺激を楽しみながら設計を進めています。

 担当した『聖マルチン病院』は、とても印象に残っている建物です。設計担当者は、設計の前段階でお客様にヒアリングを行い、作業所でお客様と開催する定例会議に出席します。設備工事が本格的に始まると、現場へ赴いて工事監理を行うことになります。現場を訪れると、最寄り駅に病院のリニューアルを知らせる広告が出ていたり、病院の方から「新規スタッフへの応募がたくさん来るようになったんですよ」と教えてもらったり、タクシーの運転手さんから「いつ完成するの?」と聞かれたりすることが度々ありました。地域のたくさんの人が心待ちにしている施設を手がけているのだ、ということが感じられて嬉しかったのと同時に、身の引き締まる思いがしました。

 設備設計は建物が完成したら仕事が終わるわけではなく、完成引渡し後に実際に建物を使いはじめて仕事の出来栄えが評価されます。年次点検で訪問すると、多くの人に建物が使われているのを目にし、喜びの声も聞かせていただくことができます。また、設計時点の想定とは違った使い方をされていたり、想定以上の省エネ効果が出ていたりすることもあります。そのような場合はお客様にヒアリングして分析し、より良い提案として次に活かすことができる貴重な機会でもあります。

 建物ごとに多種多様な設備があり、機能も日進月歩で進化しています。全てを網羅することは難しく、時には自分の能力以上の設計を担当することもあります。そういったときは、先輩や上司に相談しながら、一つずつ課題をクリアしていきます。苦労して完成させた建物が、多くの人に喜ばれ、街を活気づける。これからも社会に必要とされる建物をひとつでも多く造り出す。そんな仕事がしたいと思っています。

聖マルチン病院

 設計の仕事というと、机にかじりついて図面を書いているというイメージがあるかもしれません。もちろんそういう時間がないわけではありませんが、実際にはもっとワイワイと協議しながら話をして進める仕事です。

 大学院にいるときから、周りの人と協力し、楽しみながら勉強してきたので、働く会社も同じように明るく楽しいところがいいな、と思っていました。大成建設は、その条件にぴったりでした。社内の様子を教えてくれたOBや、大学の授業で講義をしていた社員から、とてもオープンで楽しく仕事をしている雰囲気が伝わってきたのです。実際、入社してからもそのイメージにギャップはありませんでした。

 設備設計の仕事は、提案する設備が要求された仕様に合致するかを検証するのに時間がかかります。検証は、先輩や上司に相談したり、メーカーに問い合わせたりして、その設備の情報を集め、データを入力して進めます。普段から様々な人とコミュニケーションを取っておくことで、その作業がスムーズに行えます。だから設計部ではいつも誰かがオフィス内を歩き回り、話し声が響いています。

 チームで協力して物事を進めることが好きな人にはとても向いている職場だと思います。

仕事の内容

私の「地図に残る仕事。」

入社の決め手

建築系の社員メッセージ
建築施工[小林 祥二] 建築施工[中平 貴] 建築施工[明間 祐作] 建築施工[千葉 弘美] 設備施工[川瀬 佳史] 設備施工[山本 竜也]
建築(機械)[金﨑 喜尚] 設計(建築)[古市 理] 設計(建築)[小杉 知弘] 設計(構造)[安川 真知子] 設計(設備)[福田 大空] 設計(設備)[信藤 邦太]
エンジニアリング[川井 聡之] 都市開発[渡辺 悠子] 原子力[高木 憲三郎]
キャリアステップ

2012~2017

設備設計第一部 設計室

2017~

設備設計第三部 設計室

休日の過ごし方

体を動かすのが好きなので、休日は積極的に活動しています。ゴルフや登山をしたり、旅行では海でシュノーケリングをしたりと、会社の同期や大学の友人といろんなことにチャレンジしています。設備設計は一級建築士や建築設備士など、取得する国家資格もたくさんあるので、追い込みのときはその勉強をすることもあります。