大学を卒業する頃は、就職氷河期のまっただ中でした。大手ゼネコンと中堅ゼネコンを数社受けましたが、結果的に大手プレハブメーカーに入社し、地元の北海道へ配属されました。上場企業で規模も大きく、仕事内容ではゼネコンに似ている会社でした。学校改築工事の仮校舎やプラント建設時の仮設事務所などを手がけるなかで、やりがいや面白さを感じながら働いていました。その後課長に昇進し、埼玉支店に異動。そこで大成建設と同じ現場で働いたことが、転職のきっかけとなりました。2つの工事が同時に行われている現場で、大成建設が建物を、私の会社が立体駐車場の工事を進めていました。スムーズに進めるためにどう協力すればいいか、両社でアイデアを出し合ったのです。大成建設と協力しあって進める仕事は楽しかったですし、特に大成建設の社員がいきいきとしていたのが印象的でした。自身がこれまで手がけていたものよりもゼネコンの仕事の規模やダイナミックさに憧れを感じ、「学生時代の夢をもう一度」との思いから転職を決意しました。

前職では、将来を見据え、プライベートの時間を使って勉強し、一級建築士の資格を取得

 大成建設に転職して、手がけるプロジェクトの規模は格段に大きくなりました。研修もありましたが、転職者は即戦力として働くことが期待されます。裁量も、責任も与えられます。それが楽しく刺激的で、なにより夢がやっと叶ったという嬉しさは大きかったですね。また、仕事の規模が大きくなり、これまでの経験を活かして、任された仕事に結果を出せるというやりがいも大きかったです。もちろん、新たに覚えることはとてもたくさんあります。それは現在も変わりません。新たな技術や工法と出会えることも、モチベーションとなっていますね。

 転職してすぐの現場は、大規模なプロジェクト。チームも大人数だったこともあり、多くの社員や職人さんと出会い、横の繋がりを作ることができました。現場毎にたくさんの出会いを楽しめる、というのも転職してよかったと感じているこの仕事の醍醐味ですね。

お互い助け合い、一方で自分の責任を果たし、完成を目指す。そんなエキスパートが集まっています

 転職を相談したとき「ずっと大きな仕事をしたいと話していたよね。挑戦してみたら」と妻は応援してくれました。前職は専門的な工事が多く、ある程度の経験を積めば、その応用で全ての仕事がこなせたのです。そこに満足できず、「技術を磨きたい」「新しい経験をしたい」と渇望していた私を、妻が最も理解してくれていたのです。

 この会社はそんな私の欲求を満たしてくれます。そしてたぶん、これから先もずっと。それくらい、懐の広い、奥の深い仕事が私を待っていました。いまの夢は、総合職になること。専任職でも所長になれますが、総合職として所長になり、全国で仕事をしたいです。そこにはまだ手がけたことのない仕事、経験したことのない時間があるはずです。それを経て、また私は成長できると信じています。

 挑めば、必ず成長できる。それが大成建設という会社だと、私は感じています。もしスキルアップを望んで、転職をお考えであれば、ぜひ一度当社を見ていただきたいと思います。

「スキルアップできない転職ほど寂しいものはない」が持論であり、常に自分に言い聞かせていることです

東京支店建築1部
(仮称)池袋2丁目計画 主任

深澤 洋城(40歳)

1997年 工学部 建築工学科 卒
前職 大手プレハブメーカー
2005年7月キャリア入社

2015年2月取材

2005~2013
外資系ホテルの新築工事、渋谷区の文化総合施設をはじめとした大規模かつ意匠や用途がユニークな工事を担当。2009年に主任昇格。

2014~
他現場での仕事が認められ、現在は池袋の新築プロジェクトを担当。

私の「地図に残る仕事。」

外資系ホテルの新築工事は、著名な建築家による個性的な意匠のホテルであり、難しい仕事でしたが技術者として貴重な経験を積むことができました。渋谷区の文化総合施設では、プラネタリウムの施工を経験。回転足場を導入した初めての事例となりました。自分が関わった現場にはいまも時々立ち寄りますね。