土木の仕事
社員メッセージ
仕事の内容
私の「地図に残る仕事。」
入社の決め手

 新名神高速道路は名神高速道路と中国自動車道のバックアップ機能を有する代替道路として、名古屋市から神戸市までの間に新設される延長174kmの高速道路です。当社が施工する『新名神高速道路 川西トンネル工事』では、その工事区間に延長1100mのトンネルを上下2線分掘削しています。私はトンネル工事班として、トンネル掘削、インバート、覆工、その他付帯工事全般を統括しています。

 現場は住宅地に近いため、トンネルの坑口に防音ハウスを設置し、音や振動に細心の注意を払っています。また、地盤は様々な種類・硬さの岩盤で構成されており、トンネル掘削自体も困難が伴ないます。そこで、川西トンネルの掘削には、大成建設が今回開発した硬岩トンネル掘削機『TM-100』が投入されています。これはディスクカッターによる圧砕で、従来は不可能だった100Mpaの硬い岩盤の掘削を実現した重機です。大きな振動や音が発生する発破掘削やブレーカ掘削の適用が難しい、住宅地・道路・鉄道・重要施設付近のトンネル現場での使用が想定されています。掘削スピードも早く、工期の短縮とコストダウンも計れるのが大きな特徴です。このTM-100での掘削を軌道に乗せ、実績を作ることができれば、トンネル工事をより安全に効率よく施工することができます。それこそがこの現場で私に課せられた使命だと感じています。

硬岩トンネル掘削機『TM-100』

 私がいままで携わってきた工事すべてが「地図に残る仕事。」だと感じています。例えば、私が最初に携わった東九州自動車道尺間トンネル工事は、私のトンネル技術者としての人生が始まった思い入れのあるトンネルです。その次に海外で従事したトンネルは、日本には存在しない脆弱な地質で、掘削中に3回も崩落が起こるなど、大変な苦労をしました。しかし、切羽崩落が起こらないよう、対策工や補助工法を考えて、できる限り工程短縮に努める中で、自分自身大きく成長できたと感じることもできました。これもまた、思い入れのあるトンネルです。

 いままで国内外あわせて4本のトンネル工事を経験してきました。工事が竣工しトンネルが供用されたあと、実際に車で通ることがあります。長い年月をかけて造ったトンネルですが、通り過ぎる時間は一瞬です。その一瞬の間に、工事をしていたときの辛かったことや大変だったことを思い出します。そして、トンネルを抜けたとき「これはオレが造ったんだ!」と自信や誇りが感じられるのです。責任も大きく、忙しく、膨大な業務をこなさなくてはならないのが、工事に関わる仕事です。だからこそ、それを乗り越えれば自信と誇りを感じられる。いまの川西トンネルを竣工まで無事に進めることができれば、また新たな自信と誇りになる。それを胸にまた新たな現場に向かう日が今から楽しみですね。

 「大規模な建造物を造る仕事」に憧れたのが、ゼネコンを志望した動機。といっても、当時はゼネコンの仕事がどんなものか全く理解しておらず、最初の現場に工事係として赴任して、作業の安全管理から施工管理、書類作成、協力会社との打合せなど、一人では抱えきれないと感じるほどの仕事を任されたときは本当に驚きました。でもすぐにトンネル工事の魅力に引き込まれてしまったのです。

 トンネル工事で達成感を感じられるのは、なんといってもトンネルが貫通する瞬間です。でも、それは工事のクライマックス。それまでは、工事は一日数メートル程度しか進まず、見える景色も変わりません。しかし、毎日のように地質や湧水量など現場の状況は変化しているのです。現在手がけている川西トンネル工事でも、掘削が数センチ進むだけで、トンネルにかかる圧力が変化します。崩落などを防ぐため、天井と壁に測量ポイントを設け、数mm単位のわずかな変化を計測して対策を練っています。日々トンネルの状況を監視しながら、計画通り工事が進むよう管理するのです。そのためにTM-100などの最新重機を始め、様々な技術や工法を用います。大変ではありますが、日々刺激と発見があり、成長もできるのです。そうした苦労や努力が全て報われるのが貫通の瞬間。貫通時のトンネル掘削の測量精度が数ミリであったときは、心の中でガッツポーズをしてしまいますね。

 大成建設を選んでよかったと、心底感じる理由があります。現場のスケールの大きさ、他社にない技術の数々、そして経験できる様々な工法。なにより現場で話し合って工夫し、協力し合って成功に導くという大成建設ならではの工事の進め方です。この環境に感謝し、自己研鑽に努めたいと思っています。

仕事の内容

私の「地図に残る仕事。」

入社の決め手

土木系の社員メッセージ
土木(施工)[清水 裕介] 土木(施工)[松本 侑士] 土木(施工)[田中 美帆] 土木(施工)[笹西 孝行] 土木(設計)[中 隆司] 土木(機械)[飯田 匡]
土木(機械)[三好 新]
キャリアステップ

2005~2008

東九州自動車道 尺間トンネル工事

2008~2012

アルジェリア東西高速道路建設工事(東工区)
トンネル工区

2012~2013

京都第二外環状道路 北春日トンネル工事

2013

関西支店
土木部土木技術部プロジェクト室

2013~

新名神高速道路 川西トンネル工事

休日の過ごし方

休日は子どもたちと過ごします。先日はリフレッシュ休暇を使ってエレファントトレッキングをするためタイ国に旅行に行きました。毎年のように長期休暇に家族そろって海外・国内旅行にいきます。休みの日は朝・昼・晩と3食オトコ飯を振る舞ったり、自分が造ったトンネルを家族に見せに行ったりします。