建築の仕事
社員メッセージ
仕事の内容
私の「地図に残る仕事。」
入社の決め手

 設備施工は、空調・衛生・電気・運搬設備などの工事を担当します。お客様の設備に関する要望を、品質面・コスト面から様々な検討を行い、工期内に工事が終了するよう調整しながら形にしていくのが主な仕事です。

 群馬県渋川市の渋川医療センター新築整備工事作業所では、病院施設の衛生・空調工事の担当となりました。設計者や協力会社と打合せを繰り返し、最適な設備システムをお客さまに提案。納得いただいたあとは、工事の品質管理・工程の進捗管理を行っています。渋川医療センターは、450床という大規模な病棟に加え、放射線治療を行う別棟や緩和ケア施設も擁する、総合医療施設です。ボイラー施設や電気設備の制御盤などは別のエネルギー棟に集約するため、その点では工事を進めやすい面もありましたが、導入する設備機器の台数も多いため、機械据付から仕上げまでの工程調整は大変でした。無事に受電できた日は、気持ちも一段落。職人さんたちと飲みに行き、それまでの苦労話などを語り合いながら労をねぎらいました。

 これまで薬品会社の工場を手がけてきたこともあり、医療系ならではの特殊な設備の施工については経験を積んできました。ただ工期が白紙の状態から竣工まで関われた案件は今回が初めて。今後、開業のための検査に合格し、実際に地域の総合医療センターとして稼働を始める日に立ち会ったとき、どれだけの達成感を味わえるのだろう、といまからワクワク期待しています。

 私にとっては、渋川医療センターは初めて着工から竣工まで関わることができる思い入れのある案件になりますが、入社以来手がけてきた案件のどれにも様々な想い出があります。最初の担当は、わからないことだらけで、上司や先輩から教えてもらいながら、仕事を体にたたき込んでいった製薬会社のワクチン研究生産棟。2つ目の現場は、その生産棟の2期工事ということで、職人さんたちとコミュニケーションを取りながら、少しずつ自分のできることを増やしていきました。そして渋川医療センターは、さらに発展して、経験を活かし、自分の考え方を試し、ゼロから建物を造っていったのです。これまでは竣工を迎えると、部外者は立ち入れない施設が多かったのですが、渋川医療センターは病院ということもあり、多くの人が利用している姿を見に訪れることができます。

 私の目標は「たくさんの人を満足させることができ、地域的、社会的に影響のある建物を造りたい」ということ。渋川医療センターはそのひとつとなります。また2020年にはオリンピック・パラリンピックという大きなイベントがあります。これまでの経験をフルに活かして、オリンピック・パラリンピック関連の施設に関わることができたらいいな、と今は期待しています。

 ものづくりに興味を持ち、大学では建築工学を専攻していました。建築と環境について学んでいて、エネルギー関係のテーマに取り組んでいたことが設備を志したきっかけになりました。といっても、機械設備にとりわけ深い興味があったわけでも、設備施工の仕事を具体的に理解していたわけでもありません。環境やエネルギーと設備の関係について学ぶなかで、自分がアイデアを出し、工夫することで業務の成果を客観的に評価できる設備の仕事に面白さを見いだしたのです。

 入社前に想像していたのは、設備施工の役割は、「現場の職人さんたちと一体になって建物を造っていく」という程度でした。私の役割は、工程を調整し、工期通りに工事を進められるよう、設備工事の全体を取りまとめることです。とはいえ、最初から年齢も経験も圧倒的に私より上の方たちにビシビシ指示が出せるわけはなく…。まずは現場に何度も足を運び、安全に工事が進められるよう細かな作業を勉強しながら職人さんと話をすることから始めました。その中で、職人さんがこちらに何を求めているか、どうしたら仕事が進みやすいかをつかみとっていったのです。それが2つ目の現場でした。最初の現場では、先輩や上司から仕事の基礎を学びました。そして3つめの現場で、現場をまとめる仕事を任されました。それまで学んだことを自分なりに活かして仕事を進めた結果、職人さんから「またいつかいっしょに仕事がしたいね」と言ってもらえました。設備施工として、やっとスタートが切れたと感じた瞬間でしたね。

仕事の内容

私の「地図に残る仕事。」

入社の決め手

建築系の社員メッセージ
建築施工[小林 祥二] 建築施工[中平 貴] 建築施工[明間 祐作] 設備施工[川瀬 佳史] 設備施工[山本 竜也] 建築(機械)[金﨑 喜尚]
建築(設計)[古市 理] 建築(設計)[小杉 知弘] 設計(構造)[安川 真知子] 設備(設計)[信藤 邦太] エンジニアリング[川井 聡之] 都市開発[渡辺 悠子]
原子力[高木 憲三郎]
キャリアステップ

2012

本社設備本部配属

2012~2013

埼玉県北本市で医薬品工場の建設工事を担当

2013~2014

関東支店建築部設備室配属
2012年に担当した医療品工場の2期工事を担当

2015

群馬県渋川市の医療センター新築工事を担当

休日の過ごし方

休日は地元の友人とよく飲みに行きます。たまに会社の先輩や同僚と行くこともありますね。仕事とプライベートのメリハリをつけるため、飲み会では仕事の話は極力しないようにし、他愛ない話で大笑いして、スッキリした気持ちで翌日からまた業務に全力で臨むようにしています。