建築の仕事
キャリアパス
新入社員
初めてのプロジェクト
現在の仕事
これからの展望
人材育成制度について
夢に最も近い、と選んだ会社 待っていたのは想像以上に大きな仕事だった

大きな夢を描いて、入社を決める

「大成建設の所長は、若いね。あの歳で現場を任されるのはうらやましいよ」
 入社してすぐ、JVを組む他社の社員から言われた言葉。「若くして活躍できる」とは聞いてはいましたが、他社の社員からその言葉を聞いた時は「頑張ればその分成長し、大きな仕事が任される」と実感し、期待に胸が膨らんだのを覚えています。
 ひとつとして同じ形のないものづくり。数ある製造業の中で、唯一、人が生活する空間を人と人が手作業で作り上げる建築に興味を持ち、就職活動は建設会社を中心に活動。当社に入社を決めたのは、風通しが良く活力のある自由闊達な企業風土と、創意工夫にチャレンジし価値の創出を追求する社風に魅力を感じたから。大成建設は同族会社ではなく、社長も現場を経験しキャリアを積み上げている。つまり、社員誰にでも、自分の能力、成果次第でトップになれるチャンスがある。「ここなら難易度の高い、面白い仕事と出会えるだろう。」そう思えたのです。

まずは目の前の小さな目標を追う

 初めての現場は見るもの全てが新しく、専門用語と職種の多さに驚く毎日。ただ、大成建設の社員は、新入社員であっても、仕事の指示や資材の発注などに大きな権限を与えられます。各職種において技術力に優れプロ意識の高い熟練工との仕事のやりとりはもちろんのこと、電話一本で生コン車を何十台も手配することもあります。若くして仕事を任せられることでやりがいがある反面、たった一言のミスで、多大な損失を生じさせる可能性があるのです。発する言葉の責任の重さに、社会人になった実感と不安を覚える自分に対し、プレッシャーなど微塵も感じさせない堂々とした先輩の姿に憧れ、はやく自分も先輩に追いつきたいとただがむしゃらに仕事をしていました。「早く認められて上の役職に就きたい」などと夢を描く暇もなく、一日が終わると疲れ果てて、倒れるように眠っていましたね。

驚きに圧倒された新入社員時代 そこから徐々に広がっていく視野と夢

品川シーサイドフォレスト業務B棟

一つひとつの現場で、成長を遂げる

 最初の現場はかなりの大型物件。工事を担当する社員は30名。事務・工務・CADオペレーターなどを含めると50名以上。誰一人欠けてもうまくいかない忙しい日々の中で、一人でできる仕事の少なさを多くの人に補ってもらい、その思いに応えなきゃと焦る毎日。最初は何も分からなかった自分も、毎日少しずつ仕事を覚え、自分の意見で施工計画や工程をたて、製作図面などを職人さんに説明できるようになり、工事の一部を動かせるようになりました。建築物が徐々に形になっていく日々の達成感に加え、きちんと形として完成した瞬間の大きな達成感。物件が竣工してお客様の笑顔を見た時、感動のあまり自然と涙がでました。最初の現場から竣工を経験できたのは大きかったですね。この仕事に魅せられた瞬間でした。
 3年次から10年次までは同じ所長、メンバーで様々な案件を手掛けました。さらに、協力会社もほぼ同じと珍しいケースでした。お互いをよく知り、忌憚なく意見を言い合える環境は、とても仕事がやりやすく、一つひとつの現場でいろいろな工法を考え、実施しました。自分で考え提案し、多くのアドバイスをもらい採用されて実現できたことは、大きな力になりました。もちろん現場作業は全てが計画通りにうまくいくわけではなく、失敗や辛いことも多く経験しますが、その中で様々なことを学び、成長させてもらえました。

キャリアの中で、新たな意欲が芽生える

 たくさんの人が一つの目標に向かって働くのが建設という仕事。その最初から最後までを唯一見届けられるのは現場監督の醍醐味です。ただ、工期の途中で異動することも少なくない中で、幸運なことに同じメンバーで、着工から竣工まで見届けられる案件に多く出会いました。現場を経るごとに各々の役職が上がり、立場が変わっていきます。尊敬する先輩が、キャリアを積んでいく様子は自分にとって刺激でもあり、励みになりました。
 4年次には初めて新入社員の部下ができました。現場でがむしゃらになっている様子は、昔の自分を見ているよう。自分の成長を感じつつ、しっかり育ててやろうという新たなモチベーションになりました。
 6年次で主任に昇格した際は「描いていた夢に少し近づけたか」とやる気が倍増しましたね。一方で、年次が上がるにつれて責任感は倍増以上。
 当時、所長に言われた言葉は、いまでも胸に刻まれています。「時間とお金をかければいくらでも良い物はできる。限られた時間とコストの中でよりお客様に喜ばれる建物をお引き渡しできるように創意工夫する。その壁が高ければ高いほど知恵がでる。1の力を2以上にするには現場全体のチームワークが必要。チームみんなで成し遂げ、達成感を成功体験として心に刻もう」

新たな現場に、新たなチームで より広い視野で、ものづくりに挑む

新たなチームと現場で、経験を試す

 新しい所長のもとで配属された「実践女子学園創立120周年記念整備事業」は自分にとっても別の可能性を試せるチャレンジングな現場。地下1階、地上17階のRC+S造の新築工事を、着工から担当。作業所での立場は、三席。所長、次席につぐNo.3です。工事に必要な図面のチェック、設計者との打ち合わせ、資材の発注や協力会社の手配に始まり、設計図通りに施工が行われているかの品質チェック、現場での細かい作業指示や安全指示などを手がけています。また、適正コストで高品質を維持し、安全を確保しながら工期内に作業が完了するよう、現場全体のマネジメントも任されています。
 実践女子学園は、渋谷駅から徒歩数分の広い六本木通りに面した目を引くロケーション。竣工後は「このキャンパスで学びたい」と入学してきた学生さんを迎えることになります。お客様である大学の未来や学生さんの将来を創る責任ある仕事をまかされているのだと、身が引き締まりますね。

ものをつくることは、人を育てることから

 現場では「悠々として急ぐことの楽しさ」をチームで体感できるようにしたいと思っています。それは追われて焦るのではなく、先手必勝で行動し、仕事を楽しむということ。
 新入社員も配属されていますが、各自に責任ある仕事を担当させ、余裕を持って仕事を進めることの大切さを伝えることで、そのことを感じてもらえるよう努力しています。4年次のとき私の初めての部下になった後輩と、この現場で再開しました。当時は新入社員だった彼も、8年次。その成長した姿に驚いたのですが、彼は「もう梶川さんを超えたと思っていたのですが、再会してみるととても手が届かないところまで梶川さんが成長していた」と言ってくれました。お世辞もあると思いますが、悪い気はしませんでしたね(笑)。
ただ、この仕事は何年経っても、いくつの現場を経験しても、新たに学ぶことは尽きません。担当した現場によって身につけた技術や知識が違います。私が知らない工法を、自分より若い人が詳しいことも多々あります。人によって考え方も違います。だからこそ話し合いの場を多く持って、意見とアイデアを出し合うことが大切です。その上でチーム一丸となって、竣工を目指す。この現場には外国籍の社員も複数在籍しています。だからこそ色々な意見を出し合える環境を作って、人を育てることも私の大切な仕事だと感じています。

理想とした多くの先輩に近づくために これから先、この仕事を誇れるために

いつか所長になる日のために

 大成建設では、早ければ40歳代前半で所長として現場を任されるようになります。いままで仕事を共にしてきた多くの先輩もそうです。私は、あと7~10年、現場を経験すると、所長になってもおかしくない年齢になります。現在の現場を含め、残りの現場でさらに経験を積んで、所長として恥ずかしくない仕事ができるよう成長したいですね。そのために必要なのは、現場でのマネジメント、管理は当然ですが、人を育て、活かせるような人間になること。自分が憧れ、尊敬している所長から受け継いだものを伝承することで恩返ししたいと思います。
 私も人と共に成長を続ける社員でありたい。理想は、胸にいつまでも残っている、あの所長の言葉。「ひとのつながりを大切にする」所長になりたいですね。

誇れる仕事を、この先もずっと

 街を歩くといたるところに大成建設が手がけた建物があります。その中には自分が手がけた建物もあり、沢山の思い出とともに地図に刻まれています。
 私は、竣工が近くなると、家族を現場に連れていきます。自分が手がけた仕事を、知ってもらいたいと思うのです。工事は、仮囲いで囲まれた空間で行います。言ってみれば、そこは社会から隔離された空間。でもだからこそ、私は会社の看板を背負い、お客様はもちろん、会社に恥じない行動を取りたいと思っています。だから、子供が「すごい!」と言ってくれるのは、本当に嬉しいですね。「これ、パパが作ったの?」と子供たちはいつも聞くのです。「たくさんの人と力を合わせて造ったんだ。パパもその中の一人なんだよ」と話します。
 人への感謝の気持ちを忘れず、これからも人に誇れる大成ブランドを作り続けたい。そしていつか、ずっと未来まで「地図に残る仕事。」も、この手で造りたい。そう願っています。

新入社員

初めてのプロジェクト

現在の仕事

これからの展望

課長代理
梶川 泰敬
2002年度入社
工学研究科 建設工学専攻 修了

2013年8月取材

キャリアステップ

2002~2003

東京都品川区で23階建て超高層事務所・店舗ビル新築工事(工事係)

2003~2004

東京都大田区で空港施設改修工事(工事係)

2004~2006

東京都品川区で学校施設新築工事(工事係)

2006~2007

東京都品川区で11階建てホテル解体・新築工事(主任)

2008~2009

東京都千代田区で38階建て超高層マンション+事務所新築工事(主任)

2009~2012

東京都新宿区で工場・事務所解体・新築工事(主任・課長代理)

2012~

東京都渋谷区で17階建て高層学校校舎棟新築工事(課長代理)