事務の仕事
社員メッセージ
仕事の内容
私の「地図に残る仕事。」
入社の決め手
無数の選択肢から、最適解を導き出す

 私が所属しているのは、社長室情報企画部です。情報部門の業務は会社全体の情報投資やセキュリティの統制、大成建設グループ全体で利用するデータセンターやネットワークといった情報インフラの整備、ICT(Information and Communication Technology)を活用した業務改革コンサルティングなど、多岐に渡ります。いま私が担当しているのは企画業務です。会社全体のICT戦略の企画・施策方針の策定や、実際のシステム・サービスの導入プロジェクトに携わっています。

 情報部門の仕事というのは、なかなか外には伝わりにくいですね。いつもパソコンの画面と格闘している印象を受けることが多いように思います。簡単に言うと、会社をICTで支え、強くするのが情報部門のミッションです。コンピュータが身近なものとなり、仕事でも生活でも欠かせない道具となっている現在では当たり前すぎて、かえって私たちの役割が見えにくいものになっています。そういう意味では、ゼネコンが公共インフラを陰ながら支えていても、社会に広く意識されていないのと同じかもしれません。

 例えば、システムの導入は、プロジェクト毎に課題背景や目的が異なり、毎回違う困難に遭遇します。社内の関係する部門やICTベンダーとの調整の連続で、とても大変ですが、同時にやりがいのある仕事です。専門家同士では技術用語を駆使して効率よく正確に伝達しますが、社内に対しては平易な言葉で誤解のないよう伝えられるように、コミュニケーションは意識しています。また、利用部門の要望だけを聞いていても駄目で、会社全体として何が最適なのか、バランスを考えながら進めていきます。プロジェクトマネージャーは、プロジェクト遂行に必要なヒト・モノ・カネに注意を払う必要があり、そういった面では作業所での業務と似ているかもしれません。

 業務上の課題に対して、最新のICT技術をもってどのように解決していくか。ここが大変おもしろいところです。解決策は無数にあります。いろいろアイディアを出しあって、議論します。自分たちで考えたアイディアがシステムとして形になるのは非常に達成感があります。狙いが見事にハマって、利用者から「とても便利になったよ」と声を掛けられると、導入時の苦労も一瞬で吹き飛びますね。

初心に返ることができる、自分の原点

 私の「地図に残る仕事。」は、山陰地方の工業団地にある物流センターですね。規模はそれほど大きくないのですが、着工から竣工までの作業所事務の仕事を一人で経験した初めての現場でした。

 私は、約10年間、情報部門を経験したあと、中国支店へ赴任しました。一般の作業所事務をほとんど経験したことがなく、右も左も分からない状態で作業所へ飛び込みました。3ヶ月ほど、兼務している別の作業所の引き継ぎ等を行ったあと、新たに始まったのが物流センターの工事です。

 着工から立ち会う初めての作業所。頑張ろうと気負いはするものの、正直、この時点では、いつ頃何をやるべきかが見えていませんでした。その結果、連絡が遅れて支店に大変な迷惑を掛けたことがありました。この失敗は、作業所時代を振り返るとき、いつも思い出しますね。

 初めての起工式、初めてのJV工事(ジョイント・ベンチャー工事:複数の建設会社で、ひとつの工事を受注・施工すること)、初めての決算、とほとんどが初めて尽くし。当時、自分としてはとにかく頑張って対処した、対処できた、と思っていましたが、今になって振り返るとまだまだであったと分かります。それでも、大過なく竣工まで迎えられたのは、やはり支店をはじめとして周りの人々に助けられたことが大きいです。作業所では、事務社員は一人でしたが、同じ作業所の技術社員や、支店の事務社員の仲間など多くの人のサポートがあったので、孤独感や不安はありませんでした。

 この作業所での経験が、私に自信を与えてくれました。その後の作業所でも、無事に仕事ができたのは、ここでの経験が原点になっていると思います。

 工業団地にあるので、風光明媚でも何でもないですが、当地へ旅行に行くと必ず建物を一周しながら、当時の記憶を思い起こします。苦い思い出もありますが、その分たいへん印象に残っている建物です。

自らを信じ、チャレンジに飛び込む

 就職先には特定の業界に強いこだわりはなかったのですが、普段から変わった建物や巨大建築物・構造物を見て回るのが好きだったこともあり、就職活動のころには建設会社やその周辺の業界をターゲットにしていました。

 いくつかの建設会社をまわりましたが、事務社員は、どこの会社も文系学部の出身者が多かったと思います。私は理系学部の出身ということもあって、当時は自分に事務社員の業務が務まるのかという漠然とした不安がありました。また一方で、大学時代に勉強してきたことを少しでも活かせる職種につけると良いなという想いもありましたね。

 その中で、大成建設に情報部門の採用があると知ったときは、すぐに説明会に足を運びました。好きな建設業界と、やりがいのある職種という二つの希望を満たす大変な幸運に恵まれた就職であったと思います。

 私は、入社してから情報部門を中心にキャリアを重ねていますが、支店や作業所での勤務も経験しました。希望すればいろいろなことにチャレンジさせてくれる自由な社風のお陰で成長できたと思います。

 情報技術にとどまらず、幅広い分野に関心がある人と一緒に仕事をしてみたいですね。

仕事の内容

私の「地図に残る仕事。」

入社の決め手

事務系の社員メッセージ
財務[斉藤 由貴] 作業所事務[杉田 伸裕] 事務・営業[春山 和裕] 人事[武田 由香里] 総務[トゥカ アウン]
法務[岩崎 俊憲] 法務[木村 俊] 作業所事務[上田 えり] 広報[鈴木 友康] 情報企画[島田 裕司]
キャリアステップ

1995~2004

本社 社長室 情報企画部
人事系、総務系、調達系など多数のシステム開発を担当

2005~2008

中国支店 管理部事務センター(外勤)
作業所事務として、物流センターをはじめとする建築工事作業所や、トンネルなどの土木工事作業所を担当

2009〜

本社 社長室 情報企画部
情報戦略の策定やグループウェアの刷新、グループ会社への展開などを担当

休日の過ごし方

旅行が好きで、長期休暇は海外へ出かけることが多いです。入社10年目のリフレッシュ休暇では、2週間の休暇をとって、南米チリのパタゴニアをソロ・キャンプしました。山と氷河と風が印象的で、またぜひ訪ねてみたいお気に入りの場所です。