事務の仕事
キャリアパス
新入社員
初めてのプロジェクト
現在の仕事
これからの展望
人材育成制度について
目に見え、手に触れられる成果 それがモチベーションにつながるはずだ

「努力して、活躍してやる」という覚悟

 私が入社した1999年は、就職氷河期と言われた時期。学生側の選択の余地は少なく、とにかくいろんな業界を受けなければいけない、それでも就職できるか分からないという状況でした。私も様々な業界、多くの企業を受けました。会社はこの先の大半の時間を過ごす場所、だからこそ「モチベーションを高く持ち続けられる業界」で働きたいと考えました。
 建設業界は、仕事の結果が形となって表れる業界。「できあがったものが目に見え、そして人々の生活に貢献できる。きっとやりがいを感じられるに違いない」と考え、志望するようになりました。その中でも大成建設は、風通しの良い社風が選考などから感じられ「働きやすそうな会社」という印象を受けたことを覚えています。その一方、文系の自分が、建設会社で、しかも事務というカテゴリーでどんな仕事をするかは、全く想像できませんでした。「どんな仕事であっても、全力で頑張って、必ず活躍してやる」という覚悟は決めていました。それは就活でいろんな会社を見る中で、「どんな業界であれ、簡単な仕事はない」と実感していたからです。

手がける仕事が会社の信用に直結している

 入社して間もなく実施された『作業所工事係研修』では、土木と建築の作業所で、実際に技術社員と一緒に働きました。その中で、技術社員の業務については勿論のこと、作業員がどのようにして仕事を進めていくのか等、建築や土木の技術に注目しながら、日々の業務に取り組みました。この作業所工事係研修で経験したことは、その後の仕事においても随所で活きていますし、「現場を知る」ことの大切さは、この時以来、常に頭に置いています。
 作業所工事係研修後に配属されたのは東京支店の会計室という部署でした。会計室では、作業所から上がってくる収支のまとめや会計処理のチェック等を行っていました。会計の知識がなかったので、1年上の先輩につきっきりで教えてもらいながら仕事を進めました。大成建設では大規模プロジェクトから大小様々なリニューアル工事まで、多くの作業所を抱えていますから、その収支をまとめるとなると、扱う金額が大きく、また件数も多いため、かなりのプレッシャーを感じたことを覚えています。当然、先輩や上司からのフィードバックは細かく、厳しくなります。だからこそ、何とか無事にやり遂げたときは嬉しかったですね。この仕事を通して、作業所で扱うお金の流れや、そのお金がどのように会社の決算につながっていくのか等、会計の基本を学ぶことができ、事務社員の役割の一端を理解することができました。

作業所はひとつの企業と同じ その経営の一翼を担うのが作業所事務

作業所を知ること、人を知ることを大切に

 内勤部署での仕事を経て、作業所事務として配属されたのは入社3年目。大規模なマンション新築工事でしたが、上司は他のプロジェクトと兼務していたため、私一人で業務を進めなければならない状況が比較的多くありました。最初は困惑しましたが、内勤の仕事を通して、作業所の定常業務についてはある程度イメージできていたこともあり、早い段階で作業所事務の仕事に慣れることができました。
 もちろん、仕事は大変でした。会計だけが作業所事務の仕事ではありません。作業所に係る事務手続きや、お客様・社内関係者等との連絡調整、近隣への対応等、作業所の運営に必要な多くの物事について関わっています。とにかく仕事がたくさんあるのです。施工以外は全て事務が関与しているといっても過言ではありません。それでも時間を見つけては、現場に出てたくさんの人とコミュニケーションを取りました。相手の立場や考え方を理解することで、仕事を上手く回していく。忙しい中で実践するのは大変でしたが、様々な人と関わりながら作業所の運営を円滑に進めていくことは作業所事務の醍醐味であり、面白いところだと思います。

数字の裏にある、人の存在を想う

「現場を知ろう」と思っていた私は、時間を見つけては現場に出てどんな工事が行われているか把握するようにしていました。内勤の働き方と比べると、ずいぶん変わりましたね。そのおかげで「自分もモノづくりに関わっている」と実感することができました。
 作業所はひとつの会社のようなものです。受注金額が200億円の作業所なら、同じ売上規模の会社と同じなのです。作業所長が社長。そして所長の仕事や決断を、すぐ側でサポートする役目が事務。事務の働き方で、作業所の運営が変わります。当時の所長の言葉で心に残っているのは、「仕事は真剣にやれ」。数字の字面をただチェックするだけでなく、その先にある現場まで想像しろ。つまり、事務社員であっても、モノづくりに携わるプロジェクトの一員だという自覚を持て、ということを伝えたかったのだと思います。数字の後ろにはたくさんの人の存在がある。そして自分の仕事がその人たちの未来をも左右する。それを自覚することで、より真剣に仕事に取り組むようになりました。
 作業所事務は、作業所で唯一の文系社員です。一人だけ役割と視点が違います。「その立場だから気付くことがある。意味がある発言ができる」と思いながら仕事に臨んでいました。やりがいは大きかったですね。

過去に手がけた仕事が いまの自分の仕事に活きている

仕事に打ち込むことで得る、信頼感

 その後、計画転勤(ジョブローテーション)で四国支店に赴任しました。関東育ちの私は初めての地方勤務に戸惑うこともありましたが、東京支店での作業所事務の経験は、四国支店の作業所でも十分に通用し、すぐに慣れることができました。作業所事務のほか、内勤部署で経理の仕事も経験しました。支店の収支をまとめ、本社へ伝える非常に責任の重い仕事。先ほども話したように、ただ数字を足し算引き算で処理して帳尻が合えばOK、という仕事のやり方では務まりません。その数字の出所はどこなのか。支出の根拠は正しいのか。そういった数字の裏のストーリーまで読み解かなければ、大成建設という会社の信用に傷をつける結果にもなりかねません。慣れてくれば処理は速くなりますが、それが慢心に繋がらないよう、常に気を張って仕事に臨んでいました。そうやって妥協せずに仕事に向き合うことで、少しずつ周囲から信頼され、自分の意見を受け入れてもらう機会も増えていきました。より自分の仕事が作業所や会社に貢献している、と実感できるようになりましたね。

離れた場所から、
プロジェクトを支えている実感

 約5年間の四国支店勤務の後、本社配属となり、現在、総務部総務室で勤務しています。手がけるのは、危機管理。全国の支店から事故やトラブルの報告や相談が上がってきます。その報告を読み解き、関係者にヒアリングをしながら、現状や原因等について整理し、会社として必要な対応を判断していきます。また必要があれば、実際に現地に出かけることもあります。この仕事でも、大切なことは現場を知っていること。報告書には専門用語があふれています。現場を知らなければ、専門用語の意味も分からず、その状況を正しく理解することはできません。これまで手がけた作業所の様子を頭にイメージしながら、いまの仕事をしています。また、忘れてはならないのが、常識力を持つことです。会社の常識が社会の非常識にならない様、ニュートラルな立場で物事を考えるよう気を付けています。危機管理に限ったことではありませんが、社会の常識からかけ離れてしまっては、会社は生き残っていけません。
 事故やトラブルの原因や解決策は事案によって様々ですが、全てにおいて会社に与える影響を最小限に抑えることが目的です。問題が大きい場合には、当然、自分だけでは判断できないこともあります。それでも、問題解決に至った時は、離れたところからでもモノづくりの現場を支えているのだな、と充実感と自分の仕事の意義を感じることができますね。

人生をずっと楽しむために いまの仕事に全力で打ち込みたい

人生を楽しむために、いまを充実させる

 私が就職活動の時に感じた「働きやすそうな会社」という印象は、入社15年になろうとするいまも変わりません。多くの社員が「頑張れば認められる」と感じていると思います。大きな会社ですから、「自分がやらなくても誰かがやってくれる」かもしれません。でも、そんな心構えで仕事に臨んだところで「毎日は楽しいだろうか。幸せな人生なのだろうか」と私は疑問に思うのです。社会人になると、自分の時間の多くを仕事に費やすことになります。仕事を「楽しい」と思えなければ、とても続けることはできません。私が「楽しい」と思えるのは、やはり当事者意識をもって全力で仕事をしているときです。だからいつの時点でも「いまの仕事」が大事なのです。将来の希望部署や目標はもちろん持っていますが、私にとっては「いまの仕事」で活躍することが最も重要であり、「楽しい」ことです。
 人に認められることは、決して簡単なことではないかもしれませんが、頑張っていれば、必ずそれを上の人間が見ていて、認めてくれるのが当社です。それが「風通しが良い」と表現される大成建設の社風なのだと思います。

大成建設にとって、なくてはならない存在に

 会社人として、誰かから指導をしてもらえる時期は、長くありません。40歳や50歳になって「この仕事はどのようにしたらいいですか」と周りに聞くことはできません。その時期には、自分の仕事に確固たる自信を持ち、部下を指導する立場になっていなければなりません。自分の仕事が評価されるのではなく、育てた部下の評価が自分の評価となる時期になるのだと思います。私にとって、自分の仕事を指導してもらえる時間はあと少しです。貴重なアドバイスを逃さないように、自分のものにしていかねばなりません。毎日の時間を大切にして、さらなる成長を果たしたいと思っています。
 直近の目標は、いま手がける危機管理の仕事で、成果を出すこと。まだまだ上司達のように、責任を伴う的確な判断を下すことはできません。ひとつでも多く、経験を積んでいかねばと思っています。そうして研鑽を積み、周りに自分の存在価値を認められれば、さらに上のステージでより重要な仕事に取り組むことができると思います。「頑張れば認められる」「風通しが良い」といった大成建設の社風を十分に活かし、いつか、会社になくてはならない存在になれるよう、努力していきたいと思っています。

新入社員

初めてのプロジェクト

現在の仕事

これからの展望

管理本部総務部総務室課長
小林 修一郎
1999年度入社
政治経済学部 経済学科 卒

2013年8月取材

キャリアステップ

1999~2001

東京支店管理部会計室

2001~2004

東京支店管理部事務センター(建築第2部担当・外勤)
作業所事務として、マンションやホテル、大学をはじめとする建築工事を担当

2004~2006

四国支店管理部事務センター(外勤)
食品工場、病院をはじめとする建築工事を担当

2006

主任に昇格

2006~2007

四国支店管理部事務センター(内勤)
支店の内勤部門で、支店の収支管理などの経理業務を行う

2009

課長代理に昇格

2009~2013

本社管理本部総務部総務室

2013~

課長に昇格