大成建設のオープンイノベーション(TOI Lab.)

コラム

【レポート】都市×健康 #1 未来価値共創セッション

【都市×健康】2035年:未来の都市が紡ぎ出す新しい健康ストーリー

2017年7月13日(木)14時、(株)IHIおよび大成建設(株)主催の共創プロジェクト、「【都市×健康】2035年 未来の都市が紡ぎ出す新しい健康ストーリー」(未来価値共創セッション)が開催されました。そのレポートをお届けします。
開催場所は大手町にある共創スペース「3×3 Lab Future」。参加者は、大企業からベンチャー企業、NPO法人の方など、立場も年齢も業界も異なる多様な方々約60名が集まりました。賑わいあるセッションを通じて熱い対話により、数多くの未来が描かれました。

■イントロダクション

まず、はじめに、本プロジェクトの発起人であるIHIつなぐラボグループの今堀郁枝氏と大成建設オープンイノベーションチームの田中拓也氏より【都市×健康】プロジェクトの活動趣旨やビジョン、想いがシェアされました。その後、本日のファシリテーターである大成建設オープンイノベーションチームの小野眞司氏からセッションのポイントと進め方が説明され、いよいよ未来価値共創セッションの始まりです。

 

■ペア対話

まずはお隣の方と2人一組になり、小野氏より2つの問いが投げかけられました。
 
問1:「都市」は誰が、どのようにつくってきたのでしょうか?
問2:「私」は都市にどのように関わっているのでしょうか?
 
それぞれの問いに対して、普段接する機会の少ない方々との対話から、数多くの多面的な捉え方に触れ、本日のセッションに向けていい頭のストレッチになったのではないでしょうか。
都市の意味するものや生活者目線と事業者目線の違いなど、多面的な視点が交わることで新たな気づきが生まれる予感がします。

 

■グループ対話(ワールドカフェ)

続いて、WHO(世界保健機関)の健康の定義を背景としながら、以下の3つの観点からワールドカフェ形式で対話を深めました。

Round1:身体的な健康
Round2:精神的な健康
Round3:社会的な健康

どんな時、どんなシチュエーションで各健康を意識するだろうか?暮らし方や働き方、都市環境との関係はどうなっているだろうか?なぜ、そう感じたり思ったりするんだろう?そもそも、健康ってなんだろう?何があればより健康になれるのだろう、どうなれば健全な状態なのだろう?
実に多様な視点から、健康の本質に迫っていく作業、そしてそこに都市がどのように関わっているのか?改めて、言葉にして、文字にして、形にしていく作業はグループ対話でありながら、内省の時間でもあったかもしれません。
特に「社会的な健康」に関しては、多くの方が頭を悩ませながら、新たな視座を得て、多くの発想や気づき、想いや考えの深耕に役立ったようです。

■チームビルド&プロトタイプ(未来新聞)

これまでの対話を踏まえ、各々が関心のあるキーワードで結びつき、チームを作りました。4〜5人一組で13チームができあがりました。
さあいよいよ皆で未来を描きます。今回は、未来新聞編集会議として、「未来のそうありたい『都市×健康』」を紹介する、2035年の未来◯◯新聞トップページの編集に取り組みました。
50分の短時間でどのような2035年に想いを馳せ、未来を描くのか。キャッチコピーは何がいいか、どんなタイトルが自分たちの想い描いた未来をよりリアルに伝えることができるだろうか。真っ白な模造紙にいきなり絵を描き出すチームもあれば、入念な対話により未来像を丁寧に共有するチームまで各々の頭や心をフル動員しての作業時間でした。
 
ここでは、13のチームによって創られた未来新聞の特集記事の見出しを抜粋して紹介します。
 
 〇大手町収穫祭
 〇NEWゲル誕生!
 〇世界初!光熱費ゼロ都市誕生!
 〇趣都東京の人口が1億人を突破
 〇かいらく・カイラク・皆楽都市
 〇ついに登場!シェアド・マンション
 〇人類補完計画(みんな違っているからこそいい!)
 〇こんなこともつながる!〜ハピネスナビ〜
 〇ダイバーシティ部門1位!
 〇自由に、楽しく ストレスフリー
 〇オアシス町移住者増
 ○大震災により東京崩壊 Googleがスーパーマンとして東京再構築
 〇完売!100才オーバー限定マンション
 
以上、未来価値共創セッションの様子とそのアウトプットである未来新聞をレポートしました。オーバーヒート気味に一日を終えた皆様も、また後日、クールダウンした頭で振り返ってみることでまた新たな気づきがあるのではないでしょうか。

本セッションの詳細は以下の特設サイト(外部リンク)でも情報を発信しております。

 【都市×健康】2035年:未来の都市が紡ぎ出す新しい健康ストーリー (2017/7/13:終了)

 

関連情報
[サービス・ソリューション]