大成建設のオープンイノベーション(TOI Lab.)

コラム

【レポート】Re・建設 Cafe #2

Re・建設 Cafe #2 建設業を通じて日本の課題の本質を探る

2017年1月12日(木)、様々な業界の方々とのカフェ的対話の中で建設業(ゼネコン)を題材に、日本産業の未来の姿を考えよう!と題して始まったカフェイベントの第二回目に約30名の方々に集まっていただきました。
全三回シリーズの第二回目となる今回は「建設業を通じて日本の課題の本質を探る」をテーマに前回メンバーに新たな仲間が加わり、課題の共有・深堀にトライしました。
セッション前半はビジネスモデルキャンパスを利用して各自で「建設業」の顧客と提供する価値を整理しました。セッション中盤からは、皆さんでの対話の中から産まれた課題を特に取り組みたい5つテーマに絞り、課題の共有を行いました。
null
5つのテーマ
「インフラ老朽化」 「生産性向上」 「経済効果の高い公共事業の実現」 「適正価格とは」 「建設業の目指すべき方向」
 
後半はテーマ別にチームで課題の構造分析を行い、構造や要因の因果関係を図化して発表しました。課題解決の糸口となる負のループを発見したチームは今後につながる大きな気づきを得たのではないでしょうか。
次回はいよいよシーズン1の最終回となる三回目です。参加メンバーの枠を広げてより多くの方との対話により、建設業の再創造から日本産業をRe・○○したいと思います!
 
主催:大成建設㈱ オープンイノベーションチーム

 

 

本セッションの詳細は以下の特設サイト(外部リンク)でも情報を発信しておりすので、あわせてご確認ください。 
 
関連情報
[サービス・ソリューション]