ZEB実証棟

ZEB普及へ向けたロードマップ

「市場性のあるZEBの実現」を目指して

大成建設では国のZEB実現のロードマップに則し、2020年に「市場性のあるZEBの実現」を目指しています。そのために、ZEB化技術の更なる高機能化やコスト低減、「T-ZEBシミュレーター」へのコスト検討機能付加をはじめとする評価技術の高度化を図ります。今後は、都市部を含め全国で計画が予想されるZEB指向建物の提案活動を推進し、地球温暖化防止や省エネルギーに貢献して参ります。