ホーム > サービス・ソリューション > 技術センター > 技術トピックス > 環境技術 > コンパクトダブルスクリーン「T-Facade Air」


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

環境技術

コンパクトダブルスクリーン「T-Facade Air」

自然光や眺望を取り込んだ美しいデザインと高い環境性能を両立させたファサード技術

お客様のメリット

環境配慮型ファサードであるダブルスキンシステムを、厚さ200mm(従来比約1/3、通常の外壁と同程度)と大幅に薄型化して実現できる画期的な技術です。
独自に開発した最適制御ロジックにより、1年を通じて常に高い省エネルギー性能と快適性を両立させることが可能です。

技術の特徴

○換気スリット(自動開閉制御)をサッシ縦方向に内蔵し、サッシ縦方向全域から給気、排気を行えます。このため、十分な換気量を確保可能で、従来600mm程度を必要とした中空層幅を約200mmと大幅に薄型化しても、省エネルギー性能は従来型ダブルスキン同等としました。
○軽量な一体型アルミカーテンウォールのため、躯体への負担が少く、リニューアル工事に容易に適用できます。
○通常のカーテンウォール工事と同様の工法で、短工期化にも対応しています。

適用実績

○味の素株式会社食品グローバル開発センター(新築)
○大成建設技術センター研究本館(リニューアル)