安全・安心技術

複合免震構法(ハイブリッドTASS構法)

弾性すべり支承と積層ゴム支承を組み合わせた新しい免震構法

お客様のメリット

この構法により、建物への衝撃を和らげ、人命の安全を確保し、建物内の機能を維持することができます。
また、低層建物から超高層建物まで適用範囲が広く、他の構法に比べ長周期化が容易なため、高い免震効果が得られます。

技術の特徴

○弾性すべり支承と積層ゴム支承を、それぞれの建物に最も適したバランスで配置することにより、建物種別や地震の大きさによらず高い免震効果を実現する構法です。
○積層ゴム支承は建物の固有周期を長周期化し、揺れを緩やかにします。また、弾性すべり支承は建物をすべらせることにより、地震力を頭打ちにします。
○大きな免震効果により建物より伝わる地震力が大幅に低減され、上部躯体費用が低減されます。

今後の展開

ハイブリッドTASS構法は一般建築の他に、超高層ビルや半導体製造施設など、幅広い建築物を対象に適用を進めています。

適用実績

○仙台MTビル
○サウザンドタワー
○ライオンズタワー仙台広瀬町
○シティタワー池袋
他実績多数