ホーム > サービス・ソリューション > 技術センター > 技術トピックス > 環境技術 > 場所打ち杭を利用した地中熱空調システム


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

環境技術

場所打ち杭を利用した地中熱空調システム

外気温度より夏は低く、冬は高い地中の熱を冷暖房に利用した低コストで省エネルギーな空調システム

お客様のメリット

従来の地中熱空調システムに比べ、杭を利用することでイニシャルコストが安くできます。また、空調用の機械を効率良く運転できるため、省エネルギーとなり、ランニングコストも安くできます。

技術の特徴

○場所打ちコンクリート杭の周囲に地中と熱交換する配管を取り付けます。
○その配管に水もしくは不凍液を循環させることにより地中と熱交換を行います。
○杭を利用することで掘削費が不要のため、イニシャルコストを大幅に削減できます。
○大気に空調排熱を放出しないため、都市部のヒートアイランドを抑制します。

今後の展開

オフィスや工場などへの環境配慮技術として幅広く展開していく予定です。

適用実績

○東京大学柏キャンパス環境棟
○前川製作所本社ビル