ホーム > サービス・ソリューション > 技術センター > 技術トピックス > 環境技術 > 干潟・藻場造成による水域環境再生技術


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

環境技術

干潟・藻場造成による水域環境再生技術

地域特性に合わせた干潟生物、海草、水草の生育環境創造により多様な水域環境の再生を実現

お客様のメリット

浚渫ヘドロを有効利用して多様な干潟生物が生息する干潟を再生します。また、天然のアマモ場にダメージを与えることなく、アマモの自然繁殖力を利用して簡易にアマモ場を再生します。

技術の特徴

○これまで不要物として処分されていた浚渫ヘドロを干潟生物の栄養源として有効利用します。
○多様な干潟生物の生息地として最適な浚渫ヘドロの混合量を設計します。
○アマモの移植に不可欠であった播種や株植えを行わずにアマモを移植します。
○生分解性の材料を用いて、アマモ、コアマモ、水草を簡易に移植します。

*本技術開発は、三重県地域結集型共同研究事業の一部で実施されたものです。

今後の展開

水質浄化、底質浄化、生物生息地評価などの水域環境技術を組合せ持続的な環境の再生を目指します。

適用実績

○三重県英虞湾における干潟造成事業
○三重県英虞湾におけるアマモ場再生
*干潟造成事業およびアマモ場再生は、三重県地域結集型共同研究事業の一部で実施されたものです。
○アラビア湾における海草移植