ホーム > サービス・ソリューション > 技術センター > 技術トピックス > 先端技術 > 三次元レーザスキャナ計測・図面化システム


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

先端技術

三次元レーザスキャナ計測・図面化システム

レーザ光を用いた三次元測量による構造物の図面化システム

お客様のメリット

リニューアルや伝統的建築物の復元などで建物や構造物の形状記録や図面化を精度良く迅速に行うことができます。

技術の特徴

○複雑な建物や構造物の形状を三次元で計測できます。
○計測データを基に三次元CAD図(平面、立面、展開図)を作成できます。

今後の展開

設計図面のない歴史的建造物の形状記録保存、維持補修や工場の生産ライン増設・変更などの改修工事の他、建設工事現場での躯体、架設構造物、基礎・土工の出来型管理をはじめとした施工管理への活用を図ります。

適用実績

○京都国立博物館の建物形状の記録保存と図面化
○技術センターリニューアル工事、他