研究開発

水と調和する

実験と解析に基づき、水に関わるあらゆる問題を解決します。

◆波浪解析シミュレーション
◆ボスポラス海峡横断トンネル 沈埋函沈設水理実験
◆三次元流動予測シミュレーション

技術を支える実験設備

沿岸海洋水槽・多方向造波装置

海・河川・湖沼における建設工事は、水理現象を把握することから始まります。独自の反射波吸収装置を搭載した多方向造波機により、3次元に任意の波形を発生させることができます。実際の海洋と同じ状況を創り出し、海洋構造物に対する潮汐・波・流れの影響を検証する実験水槽です。

 

津波造波装置

防波堤や海岸堤防、あるいは建物等の陸上構造物に作用する津波波力や津波による遡上・浸水の状況を、屋内水理実験で再現するための装置です。
東日本大震災時のような大規模津波の再現が可能であり、防波堤や建物に作用する力、建物周辺の津波の挙動等を高い精度で把握することが可能です。

 

2次元水槽

海洋構造物に対する波や流れの影響を2次元的に再現できる水槽です。