研究開発

音・電波を見る

過密化、複雑化する都市環境の中で、高品質な音、電磁環境を提供するためにさまざまな研究開発を行っています。

◆音場シミュレーション
◆屋外騒音伝搬シミュレーション
◆建物電磁シールドシミュレーション

技術を支える実験設備

音場シミュレーター「リスン」

室内で楽器等を演奏する場合、聴取者は楽器から直接届く音だけでなく天井や壁で反射・吸音を繰り返した音も聞くことになります。本システムは、設計段階のコンサートホールの音の響きを到来方向ごとに計算し、実際の音として聞くことができる音場体験装置です。

 

電磁環境実験室

不要な電磁波を建物に入れない、出さないといった電磁波制御技術のニーズが高まっています。当施設は、実験室内外の電磁波の侵入漏洩を防ぐ亜鉛メッキ鉄板による高性能シールド構造で、電磁シールド建築部材や電波吸収外壁材の性能を実大実験で検証できます。建築部材をはじめ、電磁シールド施設やテレビゴーストを防ぐ電波吸収壁材の性能測定に役立ちます。