お問い合わせギャラリー展示にもどる

過去の展示目次

ギャルリー・タイセイ 展覧会
ル・コルビュジエとスポーツ

会 期 2013年4月11日(木)〜10月26日(土)
 

開催趣旨:
 ル・コルビュジエ(1887〜1965)は20世紀を代表する建築家として、さまざまな建築物を残していますが、実現した作品の数倍もの計画案を手掛けています。その中には、スポーツ関連施設が多く含まれます。
 彼はその神経質そうな風貌に似あわず、スポーツマンでした。若いころは自転車競技に、1920年代にはバスケットボールに熱中していました。また、フランス大西洋側のアルカション湾や地中海沿岸にイヴォンヌ夫人を連れてバカンスに訪れ、海水浴に興じていました。従弟のピエールとともに水着姿でボクシングの真似事をして楽しんでいる姿の写真も残っています。
 19世紀の産業革命の結果、人々の暮らし方は大きく変わり、労働の空いた時間「余暇」が誕生し、人々は新しい技術が生み出した列車や自動車、自転車に乗って郊外に出かけ、自然の中で過ごす時間を楽しむようになりました。夏は海水浴やハイキング、冬はスキーやスケートが好んで行われるようになったのも、この時代からのことです。さらに人々は、もっとてっとり早く、街の中のプールやジム、運動場を利用して身体を鍛えるようになったのです。
 ル・コルビュジエは1920年代から、屋上にランニング用トラックや、テニスコート、日光浴室などを完備したビルを計画したり、30年代には波のプールや 10万人収容のスタジアムを計画したりしています。繰り返し取り組んだ都市計画では、大きなスペースをスタジアムや運動場のために割いています。これらは「太陽、空間、緑」に満ち溢れた、「輝く都市」に必要な施設でした。
 本展では、ル・コルビュジエが好んだスポーツと、そのために彼が手がけた建築プロジェクトをご紹介いたします。健康的な暮らしを求めたル・コルビュジエの業績に関心をもっていただければと思います。


展示物:
  写真パネル:60点 書籍:10点 模型:2点
過去の展示目次
ギャラリー展示にもどる
All rights reserved,Copyright(C) 1996-2015 TAISEI Corporation
TAISEI CORPORATION