お問い合わせギャラリー展示にもどる

過去の展示目次

ギャルリー・タイセイ 展覧会
ル・コルビュジエと大西洋

会 期 2011年11月10日(木)〜2012年4月21日(土)
 


開催趣旨: 
20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエ(1887〜1965)は、生涯海を愛してやみませんでした。彼はフランスの大西洋沿岸を訪れては、絵画を描き、住宅建築や都市計画のプランを手がけました。また大西洋を渡って、北米、南米で講演旅行を行い、都市計画や大型プロジェクトに携わりました。
大西洋は、ル・コルビュジエに自然との調和について考えるきっかけを与え、新しいフォルムの表現を促し、彼の創作活動にインスピレーションを与える源となりました。
今回の展示では、ル・コルビュジエが愛した大西洋と、その海沿いの街、そして、それらの地で彼が手がけた作品をご紹介します。
本展を通して、ル・コルビュジエの新たな一面に気づいていただければ幸いです。

取り上げる場所とル・コルビュジエの作品:
フランス西海岸
  ペサックとレージュ 「フリュジェス氏の住宅群」・・・1920年代 労働者向けの小住宅群
アルカション湾(おもにピケ)・・・ル・コルビュジエがバカンスを過ごした女性をテーマに絵画を描く
レ・マトゥ 「六分儀の家」・・・木材と石を使った住宅 自然との調和を考える
ラ・ロシェル=ラ・パリスの再開発計画・・・港を含む街の再開発
ナント・ルゼ 「ユニテ・ダビタシオン」・・・池を越えて船に乗り込むようなエントランスが特徴
ブルターニュ(トレギエなど)・・・独特の文化と自然 奇岩を描いた ここのアトリエで彫刻を制作
大西洋を越えて
  大西洋航路の大型客船、飛行機、飛行船・・・ユニテの発想源となった客船、空からの視点を提供した飛行機と飛行船
アメリカ合衆国
  ニューヨーク 「国連本部」計画・・・建設委員に選ばれるも実施には加われず
ロングアイランド・・・芸術家たちとの交流 壁画と砂の彫刻
ボストン 「カーペンター視覚芸術センター」・・・北米で唯一実現した作品
南米
  リオ・デ・ジャネイロ・・・景観を生かした都市計画の提案 ファヴェイラに興味をもつ
サンパウロ、サントス港・・・都市計画案の提示
ブエノスアイレス・・・都市計画案の提示
ラ・プラタ 「クルチェット邸」・・・診療所兼住宅 中庭をまたぐスロープで両者をむすぶ 光にあふれた空間
 
 
展示内容
  写真パネル 80点
  ル・コルビュジエによるスケッチ、図面(複写)22点
  模型3点
  その他


過去の展示目次
ギャラリー展示にもどる
All rights reserved,Copyright(C) 1996-2014 TAISEI Corporation
TAISEI CORPORATION