お問い合わせギャラリー展示にもどる

過去の展示目次

ギャルリー・タイセイ 展覧会
ル・コルビュジエ:アンビルト−未完の建築−
UNBUILT works of Le Corbusier



会 期

2007年7月30日(月)〜10月12日(金)  
(土日、祝日、8月13日〜8月17日は休み)

開館時間 10時〜17時(最終日は16時まで)
入場料 無料
会  場

ギャルリー・タイセイ

〒163-0606
東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル17F
TEL.03-5381-5510  
FAX.03-3345-1386
E-mail galerie@pub.taisei.co.jp

後  援:

社団法人東京建築士会

   
 
 
 
 ル・コルビュジエはその生涯において75点の建築作品を残しましたが、それ以外に手掛けた計画案はおよそ200点に上ります。

  さまざまな理由から計画で終わったプロジェクトの中には、実現していれば、必ずや注目を集め、高い評価を受けることになったであろうものも少なくありません。

  本展では、こうした数多い未完のプロジェクトの中から、ル・コルビュジエが作品集の中で大切に扱っている作品を選んで展観いたします。それらは、彼にとって重要な作品であるのは間違いないからです。

  壮年期の計画案からはル・コルビュジエの壮大な計画にかける意気込みが、また晩年の計画案からは新たな方向性への模索がうかがわれます。また、そのときどきの時代性を反映しているのも特徴的です。

  生誕120年の今年、実現できなかったプロジェクトを通して、ル・コルビュジエの新たな一面を発見していただければ幸いです。

 

 
紹介するプロジェクト:
ル・コルビュジエ自身による自選作品集に掲載されているプロジェクトの中から、ル・コルビュジエが詳しく取り上げている作品を中心に紹介する。
  

アトリエのある家(1920年代)
ヴォアザン計画(1925年)
ムンダネウム(1928〜30年)
ソビエトパレス(1931年)
10万人収容の国立国民祝祭センター(1936〜37年)
サント・ボーム(1948〜50年)
ストラスブールの会議場(1964年)
ブラジリアのフランス大使館(1964〜65年)
オリベッティ電子計算センター(1962年)
ヴェネツィアの新病院(1965年)

 
 
 
過去の展示目次
ギャラリー展示にもどる
All rights reserved,Copyright(C) 1996-2014 TAISEI Corporation
TAISEI CORPORATION