お問い合わせギャラリー展示にもどる

過去の展示目次

ギャルリー・タイセイ展覧会企画
「ル・コルビュジエの手帖」展



 会 期

2006年4月10日(月)〜6月30日(金)
第1部 4月10日(月)〜5月19日(金) 
第2部 5月29日(月)〜6月30日(金)

(土日祝日および5月1日、2日は休館 
      5月22日〜26日は展示替えのため休館)

 開廊時間 午前10時〜午後5時 (入場は4時半まで)
 入場料 無料
 会 場

ギャルリー・タイセイ

東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル17F
TEL.03-5381-5510  
FAX.03-3345-1386
e-mail galerie@pub.taisei.co.jp


 

   
   
 
 
ル・コルビュジエ(1887〜1965)は20世紀を代表する建築家ですが、同時に、画家、彫刻家としても作品を残しています。しかし、彼の描いた数多くの絵画、スケッチを実際に目にする機会はあまり無いのではないでしょうか。

 今回の展覧会では、大成建設が所蔵するコレクションの中から、ル・コルビュジエの「手帖(スケッチブック)」を展観いたします。この手帖は日本初公開の作品です。

 ル・コルビュジエは、毎日必ず、小型のスケッチブックを携帯し、気になるものを描き、メモし、そのとき携わっていたプロジェクトについてのアイデアを記していました。彼のスケッチブックについては、「LE CORBUSIER SKETCHBOOKS」「VOYAGE D'ORIENT CARNETS」などが出版され、その内容を知ることができますが、行方不明の手帖も多く、全てが網羅されているわけではありません。今回、展示いたします「手帖」はその空白を埋める、失われた一冊であり、初めて私たちの目に触れるものとなります。小さな一冊ではありますが、ル・コルビュジエが日頃何を考え、何に興味をもっていたのか、彼の発想のカギがその中には隠されているのです。

 本展では、併せて、コレクション<LE CORBUSIER SECRET>の素描、コラージュ作品の中から、「手帖」と同時期に描かれた作品も展示いたします。
 
 本展を通して、単なる建築家や画家ではなく、総合的なアーティスト、ル・コルビュジエの日常の姿に接し、彼についての理解を深めていただければ幸いです。


※ 「手帖」は1部、2部を通して展示いたしますが、素描、コラージュなどの作品は作品保護の関係上、展示替えをいたします。  
 


 
展示内容

「ル・コルビュジエの手帖」 実物1点  (第1部、第2部とも展示)
1953年5月の日付あり  鉛筆、インクなどによるメモ、スケッチ
サイズ:10.5×17.5センチ  ボリューム:全54ページ
手帖の中身は会場内のPCで見ていただけます。
手帖と同時期に進行していたプロジェクトなどについて詳しくご紹介します。
「イコン」  (第1部、第2部とも展示)
1963年制作 木による彩色彫刻
「ル・コルビュジエ・シークレット」から
1950年代に制作された作品を中心に展示します。
第1部 素描、コラージュなど 約30点
第2部 素描、コラージュなど 約30点
その他
ル・コルビュジエの建築の業績紹介、参考文献の展示など。
 
<手帖>
 ル・コルビュジエはスケッチブックを常に携帯し、思いついたこと、気になるものを書き留めていました。1冊がカバーする期間は、長いものでも2ヶ月程度、短いものでは数日です。そのため、彼が生涯に使ったスケッチブックは膨大な数に上ると思われますが、現在のところ、目にすることができるのは、出版されている「LE CORBUSIER SKETCHBOOKS」(73冊収録)、他に「東方への旅」(6冊)、「ドイツ紀行」(4冊)「ラ・ロッシュのアルバム」(1冊)など(いずれも手帖を複写したもの)に限られます。もちろん、それらだけで全てを網羅することは到底できません。
 ちなみに、<LE CORBUSIER SKETCHBOOKS>で出版された手帖には、通し番号がふられていますが、F27(1952年11月)とG28(1953年5月18日)の間には、約半年のブランクがあります。今回ご紹介します「手帖」は、このブランクの一部を埋めるものとして非常に貴重な一冊です。
 
<LE CORBUSIER SECRET>
 テオドール・アーレンバーグ氏は、近代美術コレクターとして著名であり、ル・コルビュジエの作品も収集していました。さらに、コレクションを展示するための美術館を計画し、その設計をル・コルビュジエに依頼していましたが、残念ながら実現されることはありませんでした。
 晩年、ル・コルビュジエの絵画190点を散逸することなく保管、公開できる所蔵先を探していたアーレンバーグ氏から大成建設がこのコレクションを購入し、1992年にギャルリー・タイセイを設立して公開のはこびとなりました。
 
過去の展示目次
ギャラリー展示にもどる
All rights reserved,Copyright(C) 1996-2014 TAISEI Corporation
TAISEI CORPORATION