お問い合わせギャラリー展示にもどる

過去の展示目次

ギャルリー・タイセイ展覧会企画
「ル・コルビュジエ 好きになる人ならない人」




 
 会 期

2004年6月30日(水)〜
     9月17日(金)

  (土日祝日及び8月9日(月)〜
   13日(金)は休み)


 開廊時間

午前10時〜午後5時

 会 場


ギャルリー・タイセイ

東京都新宿区西新宿1-25-1 
新宿センタービル17階
TEL.03-5381-5510  
FAX.03-3345-1386


 入場料

無料
   
 
   
   
   
展示内容ページへ

 
 ル・コルビュジエは、20年代の著作の中で純粋幾何学的形態が完全美をもつと、述べています。そして生涯にわたって幾何学的形態を追求しました。しかし似たように見える「かたち」ですが、20年代の作品と、意味や物語がべったりと塗り込められた晩年の作品では、自ずとかたちの中に隠された性格も異なっていました。
 
 本展では、前期を代表する住宅建築「サヴォア邸」と後期を代表する教会建築「ロンシャン礼拝堂」、「チャンディガールの作品群」を中心に、10点ほどの建築作品を比較展示いたします。 とくに後期の建築については、当社が所有する「ル・コルビュジエ シークレット」を展示し、彼の建築と絵画との深い関連性について読み解くヒントを提示いたします。
 
 ル・コルビュジエによるかたちに対するこだわりと、それらに込められた意味について、どちらの時期の作品を好きになるか、ならないか…。より一層ル・コルビュジエについて考え、関心を深めていただく機会となれば幸いです。
 


展示内容:  
前期(1920年代)=「サヴォア邸」、後期(1950〜60年代)=「ロンシャンの教会」、「チャンディガールの作品群」を中心に、いずれも、写真、解説図面、模型など、約120点の資料によって紹介する。
併せて、コレクション「ル・コルビュジエ シークレット」の中から、15点ほどのスケッチ、コラージュ作品を展示。
 
 

過去の展示目次
ギャラリー展示にもどる
All rights reserved,Copyright(C) 1996-2014 TAISEI Corporation
TAISEI CORPORATION