お問い合わせギャラリー展示にもどる

過去の展示目次

ギャルリー・タイセイ展覧会企画
「再見・再読 ル・コルビュジエ 2
      〜ローコストハウジングから集合住宅へ〜」




 
 会 期 2003年8月25日(月)〜
     10月17日(金)

  (土日及び 祝日は休み)

 開廊時間

午前10時〜午後5時

 会 場


ギャルリー・タイセイ

東京都新宿区西新宿1-25-1 
新宿センタービル17階
TEL.03-5381-5510  
FAX.03-3345-1386


 入場料

無料
   
 
   
   
   
展示内容ページへ

 
 大成建設(株)(社長・葉山莞児)の常設ギャラリー・Galerie Taiseiでは、8月25日(月)から、「再見・再読 ル・コルビュジエ 2 〜ローコストハウジングから集合住宅へ〜」展を開催いたします。

 本年度より、ギャルリー・タイセイでは「全部見せます!ル・コルビュジエ」をキャッチフレーズに、展示替えをしながらの常設展示スタイルに移行いたしました。
 常設展示では、20世紀建築の巨匠であるル・コルビュジエの作品をとりあげ、模型や作品鑑賞のポイントを示した解説、図面、写真等によって、これまで以上に見やすく分かりやすい展覧を図ると同時に、当社ル・コルビュジエ・コレクションの中から絵画作品なども展示いたします。
 
 今回はその第2弾として、ル・コルビュジエの住宅作品を中心に、ローコスト住宅への挑戦が、やがて集合住宅へと発展していく流れを追っていきます。内部も見ることができる模型や解説を加えた図面資料によって、理解が深められることと思います。
 併せて、ル・コルビュジエによって見出され、建築写真の巨匠となったルシアン・エルヴェ(1910年〜)が撮影した、ル・コルビュジエのポートレート、ル・コルビュジエの建築作品の写真も18点展示します。エルヴェの写真を見ることができるのは、日本国内ではギャルリー・タイセイだけです。
 




ぺサックの住宅(ボルドー郊外)

 
紹介する主な建築作品:

オザンファン邸/ラ・ロッシュ+ジャンヌレ邸/ワイセンホーフ・ジードルング/スタイン邸/サヴォア邸/スイス学生会館/ユニテ・ダビタシオン/ラ・トゥーレット修道院/繊維業者会館など
ギャラリートーク: 下記の4回開催。

いずれも、15時〜16時  ギャルリー・タイセイ内にて 
講師=北川成人(大成建設社会交流センター長)

9月11日(木) ル・コルビュジエ 三つの旅
9月18日(木) ピュリスム絵画と建築
10月2日(木) 住宅は住むための機械
10月9日(木) ラ・トゥーレット修道院

 

ユニテ・ダビダシオン(ベルリン)


ワイセンホフ・ジートルンク(シュトゥットガルト)
 
 
過去の展示目次
ギャラリー展示にもどる
All rights reserved,Copyright(C) 1996-2014 TAISEI Corporation
TAISEI CORPORATION