お問い合わせギャラリー展示にもどる

過去の展示目次

ギャルリー・タイセイ展覧会企画
「再見・再読 ル・コルビュジエ」 〜全部見せます、中まで見えます!〜
――スイスからピュリスム時代まで――




 
 会 期 2003年5月12日(月)〜
     8月8日(金)

  (土日及び 祝日は休み)

 開廊時間

午前10時〜午後5時

 会 場

ギャルリー・タイセイ

 入場料

無料

 主 催

大成建設ギャルリー・タイセイ
 
   
 
 
 
   
展示内容ページへ
 
   「ギャルリー・タイセイ」が大きく変わります。年4回の企画展の開催に替えて、「全部見せます!ル・コルビュジエ」をキャッチフレーズに可変式常設展示スタイルに移行いたします。  
 
 20世紀の建築巨匠であるル・コルビュジエの主要作品をとりあげ、模型や作品鑑賞のポイントを示した解説、図面、写真等によって、これまで以上に見やすく分かりやすい展覧を図ると同時に、当社所有のル・コルビュジエ・コレクションの中から紹介する建築に関連した絵画作品も展示いたします。また、彼の業績を詳しく掘り下げたテキストもHP上で発信していきます。
 
 常設展とはいえ、展示内容を随時小さく変更しながら、季節の節目には大きな展示更新を行い、再来館者に飽きられない、再来時に新たな発見ができるような展示方式を目指します。今回はその常設化の第一弾として、「スイスからピュリスム時代」までを中心に、新たに制作した、内部も見ることができるような模型を加えて展覧いたします。  
 


 
2003年度年間タイトル:「再見・再読 ル・コルビュジエ」
      第一弾展覧会: 「スイスからピュリスム時代まで」
内 容:  ル・コルビュジエの「スイス〜ピュリスム時代(1930年ごろまで)」の初期作品を中心に紹介する展示。アール・ヌーヴォー、ユーゲントシュティルなどの運動がさかんだった19世紀末から教育を受けたスイスの地方都市の青年が、様々な刺激を受け、それらを吸収して自分のスタイルを見出し、モダニズムの建築家ル・コルビュジエとして活躍するようになるまで。
会 期: 2003年5月12日(月)〜8月8日(金)   
土日祝日、展示替え期間は休館
(第二弾の展示を、8月の夏休み明けに予定)

 
 
 
過去の展示目次
ギャラリー展示にもどる
All rights reserved,Copyright(C) 1996-2014 TAISEI Corporation
TAISEI CORPORATION