大成建設ギャルリー・タイセイ ギャラリー展示 ル・コルビュジエ ご利用案内 テキスト
お問い合わせギャルリー・タイセイへもどる
ギャラリー展示
今後の展示過去の展示
 
ギャルリー・タイセイ展覧会 
ル・コルビュジエ主要建築作品‐1
タイトル:

ル・コルビュジエ主要建築作品−1

会  期:

2016年3月31日(木)〜7月2日(土)

開館日時: 木・金・土曜日 10時〜17時(日〜水曜日、4月28日〜5月7日は休館)
会 場: 大成建設ギャルリー・タイセイ
入場料: 無料

開催趣旨:
 20世紀を代表する建築家ル・コルビュジエ(1887〜1965)が手掛けた建築作品のなかから、「近代建築運動への顕著な貢献」として、ユネスコの「世界文化遺産」への登録候補作品となっている主要な建築作品をご紹介いたします。
 建設されてから数十年の時を経て、技術的な目新しさはすでに無いですが、そこに盛り込まれた建築思想や、斬新なアイデア、総合芸術のために練られた独特な空間構成や造形感覚などは、現在見ても古さは感じられず、むしろ参考とすべき点があると思われます。今一度、ル・コルビュジエの優れた作品を見直し、その建築に込めた彼の情熱に触れる機会としたいと思います。
 現在、「世界文化遺産」の候補となっているのは7か国に所在する17資産。これらを「住宅」と「それ以外の用途の建築」の、2回に分けて展観いたします。

とりあげる建築作品:
 レマン湖の《小さな家》   《ラ・ロッシュ+ジャンヌレ邸》
 ペサックの近代街区《シテ・フリュジェス》   《ギエット邸》
 《ワイセンホーフ・ジードルング》   《サヴォワ邸》
 《イムーブル・クラルテ》   《ナンジェセール・エ・コリのアパート》
 《クルチェット博士邸》   カップ・マルタンの《休暇小屋》
 (Part-2において、《ロンシャンの礼拝堂》《国立西洋美術館》など7作品を紹介いたします)
展示物:
 パネル、模型、関連書籍など 全50点程度
展示内容:












ギャルリー・タイセイへもどる
All rights reserved,Copyright(C) 1996-2015 TAISEI Corporation
TAISEI CORPORATION