お問い合わせル・コルビュジエへもどる

ル・コルビュジエとは

 
 
ル・コルビュジエ(Le Corbusier)


1887年10月6日、ル・コルビュジエ(本名シャルル・エドゥアール・ジャンヌレ)はスイスの山あいの小都市ラ・ショー=ド=フォン*で生まれました。
スイスで活動した後、1917年にパリに出て、ピュリスム(純粋主義)の画家として活動しながら、35歳で従兄弟のピエールと共同で建築事務所を設立します。1920年代には「新しい建築の5つの要点」を提唱し、「サヴォワ邸」に代表されるような、明るく清潔で機能的な住空間を創造しました。
1930年代には「現代建築国際会議(CIAM)」の主唱者として世界の建築をリードし、いくつもの都市計画案を提示しています。
第2次世界大戦後になると、独自の尺度「モデュロール」を発表し、この尺度を用いた集合住宅「ユニテ・ダビタシオン」や、「ロンシャンの礼拝堂」などの宗教建築、インドでの都市計画と大型公共建築などを手掛けました。
日本において、ル・コルビュジエの作品は逐次紹介され続け、何人もの建築家が彼の元で働いたこともあり、多大な影響を及ぼしました。「国立西洋美術館」の基本設計はル・コルビュジエによるものです。
建築分野でめざましい業績を残しただけでなく、数多くの絵画作品や版画、彫刻、タピスリーなども制作しています。これらは彼の建築と合わせて鑑賞することで、その繋がりが見えてきます。彼はあらゆる表現方法を駆使し、総合芸術を目指したアーティストであったといってよいでしょう。
彼は1965年に亡くなりましたが、20世紀を代表する建築家として、彼の業績はますます高く評価され、生誕100年(1987年)、生誕120年(2007年)には、大規模な展覧会が世界中で開催されました。

*ラ・ショー=ド=フォンは 「時計の町」として2009年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。
 
 
 


ル・コルビュジエへもどる

All rights reserved,Copyright(C) 1996-2014 TAISEI Corporation

TAISEI CORPORATION