ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2018年 > 高層賃貸マンション「ロイジェント パークス ハノイ」開業


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

ホテル機能を兼ね備えたサービスアパートメント「ロイジェント パークス ハノイ」開業

両社初 ベトナムにおける賃貸住宅事業

2018年6月22日


 

大和ハウス工業株式会社
大成建設株式会社

 大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一、以下、大和ハウス工業)と大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、社長:村田誉之、以下、大成建設)は、ベトナム社会主義共和国(以下、ベトナム)ハノイ市において、合弁会社「DTデベロップメントベトナム 」※1を設立し、複合開発プロジェクト「(仮称)ビナタタワーズプロジェクト」※2の開発を進めています。
 このたび、当プロジェクトの第1期開発である、ベトナムにおける両社初の賃貸住宅事業及びホテル事業となる「ロイジェント パークス ハノイ」(総戸数256戸、地上24階建)が2018年6月30日より開業します。

※1. 正式名称「DT Development Vietnam LLC」。2016年9月20日設立。
※2. 「(仮称)ビナタタワーズプロジェクト」は、ハノイ市コウザイ地区において2期に分けて行う不動産開発プロジェクトです。

 
 「ロイジェント パークス ハノイ」は、ハノイ中心部から約8kmにあり、日本食レストランや大型スーパーなどの商業施設のほか、各国の大使館や日本人学校を含む複数の外国人学校があるコウザイ地区に位置する利便性の高いホテル機能を兼ね備えたサービスアパートメントです。
 また、当地区初となる日系企業による賃貸住宅の開発・設計・施工・運営を行う物件で、日系企業ならではの満足度の高い居住空間とサービスを提供します。
 
 
 

資料

Adobe Readerのダウンロード
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Readerが必要です。
お持ちでない方は、ソフトウェアをダウンロードしてご覧ください。

ページ上部へ