ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2017年 > 「大手町の森(大手町タワー)」第16回「屋上・壁面緑化技術コンクール」で環境大臣賞(屋上緑化部門)を受賞


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

「大手町の森(大手町タワー)」第16回「屋上・壁面緑化技術コンクール」で環境大臣賞(屋上緑化部門)を受賞

2017年10月19日

 

東京建物株式会社
大成建設株式会社
内山緑地建設株式会社

 東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:野村 均)と大成建設株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:村田 誉之)と内山緑地建設株式会社(本社:福岡県久留米市、代表取締役社長 内山 剛敏)は、公益財団法人都市緑化機構が主催している第16回「屋上・壁面緑化技術コンクール」において、「大手町の森」が屋上緑化部門では最優秀賞となる“環境大臣賞”を受賞しましたのでお知らせします。

 本コンクールは、屋上等特殊空間の緑化について意欲的に取り組み、優れた成果をあげている民間企業、公共団体、個人等を顕彰することにより、屋上等特殊空間の緑化技術の一層の普及推進を図り、もって都市環境の改善を進め、豊かな都市生活の実現に寄与することを目的とするものです。

大手町の森(大手町タワー)

<概要>

  • 「大手町の森」は、高さ約200mの超高層ビル「大手町タワー」の足元に広がる約3,600m2の緑地で、ほぼ全域が人工地盤上に整備しています。
  •  人工地盤上や屋上など限られた空間で、自然の森を実現する3つの法則「疎密」「異齢」「混交」を高木植栽技術として確立。都心部の環境下でも、訪れた人が見て楽しみ、かつ健全に育つ自然の森の林床植栽を、生育環境分析を使ったゾーニングと配植方法にて実現しています。
  •  「都市を再生しながら自然を再生する」というコンセプトの具現化を目指した「大手町の森」は、綿密な調査や検証を重ね、林立するビル群の中にあって、ありのままの自然の存在感を感じられるよう「都市における自然の森」を創出しました。
「大手町の森(大手町タワー)」第16回「屋上・壁面緑化技術コンクール」で環境大臣(屋上緑化部門)を受賞

<評価のポイント(抜粋)>

 「大手町の森」では、「プレフォレスト」という手法を用い、様々な工夫、モニタリングを併用した管理フローの見直しと管理者のスキルアップなどにより、都市機能の更新やヒートアイランド現象の緩和、地域生態系の向上と共に、都市に新しいアメニティの提供を実現したことが高く評価されました。

「大手町の森(大手町タワー)」第16回「屋上・壁面緑化技術コンクール」で環境大臣(屋上緑化部門)を受賞
 

「大手町タワー・大手町の森」の概要

【物件概要】

  所  在  :  東京都千代田区大手町一丁目5番5号
  敷地面積  :  1,037.84m2
  延床面積  :  約198,000m2
  階  数  :  地下6階・地上38階・塔屋3階
  高  さ  :  約200m
  構  造  :  地下:鉄筋コンクリート造一部鉄骨鉄筋コンクリート造
地上:鉄骨造(超高強度CFT柱)
  用  途  :  事務所・ホテル・店舗・駐車場等
  設  計  :  大成建設株式会社一級建築士事務所
  施  工  :  大成建設株式会社東京支店
  工事監理  :  株式会社日本設計
  植栽施工  :  内山緑地建設株式会社
  竣  工  :  2013年8月一次竣工(全体竣工は2014年4月)
「大手町の森(大手町タワー)」第16回「屋上・壁面緑化技術コンクール」で環境大臣(屋上緑化部門)を受賞
 

【大手町の森の取組み】 

 都心に本物の森を再現するにあたり、「プレフォレスト」という手法を採用しました。千葉県君津市の山林1,300m2(大手町の森全体の約3分の1)に、地下躯体や土の起伏、樹木の密度や種類など、計画地と同等に再現し、植物の生育状況や適切な管理方法など、約3年に亘る検証を行いました。その後、本敷地に移植することにより、枯れリスクの低減を図るとともに、竣工時において枝葉の茂った豊かな緑を実現しています。
 また、地域生態系の攪乱を避けるために、計画地の自然植生に配慮した樹種選定を行い、気候風土が同じ関東圏域から全ての高木を集めるとともに、人工地盤上に、深さ0.9m〜1.6mもの土厚を確保し、木々が根を張り健全に生育できる基盤を整備しました。これにより、大手町の森は、地域に根付いた生態環境を実現しています。
 大手町の森は、緑豊かな自然の森が、木漏れ日の差す緑のキャノピーを形成するとともに、木々の蒸散作用や土壌の保水作用で都心のクールスポットをつくり、都心のヒートアイランド現象緩和に貢献するだけでなく、豊かな生物相を持つ皇居の緑地からこの森へ生き物たちが行き交う生態系ネットワークの形成に貢献し、生き物にとっても快適な生息地を提供しています。
 

【大手町タワー・大手町の森に関する認証実績一覧】

 2013年11月 「DBJ Green Building認証」の最高ランクである「プラチナ」の認証
 2014年2月 「いきもの共生事業所®認証制度(都市・SC版)」の第1号認証を取得
 2014年10月 第30回 都市公園コンクールで最高位「国土交通大臣賞(企画・独創部門)」受賞
 2015年9月 「SEGES(社会・環境貢献緑地評価システム):都市のオアシス2015」に認定


 

ページ上部へ