ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2017年 > RC超高層建物にも適用可能な解体工法『テコレップ-light』を開発


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

RC超高層建物にも適用可能な解体工法『テコレップ-light』を開発

市場ニーズに合わせた解体工法テコレップ・シリーズのラインナップが完成

2017年8月21日


 

大成建設株式会社

 大成建設株式会社(社長:村田誉之)は、今後需要増大が予想される建物解体ニーズに対応するため「テコレップシステム(環境に配慮をした閉鎖型解体工法)」の適用範囲を拡大し、RC(鉄筋コンクリート)造の超高層建物にも適用可能な『テコレップ-light』を開発しました。

 従来の「テコレップシステム」は、解体工事を行うための閉鎖空間を既存の梁や屋根部を利用して構築しており躯体重量のあるRC造への適用が難しいという課題がありました。今回開発した『テコレップ-light』は、既存躯体とは別に鉄骨造で閉鎖用新設屋根部分(以下、軽量屋根)を構成します。そのため、従来の1/3という大幅な重量低減を実現し、屋根降下用ジャッキの数を半減しました。また、既存躯体へのジャッキの定着部分をユニット化し、閉鎖空間の構築期間を大幅に短縮できるのと同時に、設置する柱の形状にもフレキシブルに対応できるようになりました。
 『テコレップ-light』は、これらの工夫により、RC造の超高層建物においても閉鎖空間を実現でき、建物の構造形式に制約されることなく環境に配慮した閉鎖型解体工事を施工できます。

 大成建設の「テコレップシステム」は、完全に覆った閉鎖空間で解体工事を行うことにより、外部に騒音、粉塵を出さず、解体部材の飛来落下を防止した、近隣環境に配慮した解体工法です。2011年に開発した初期型の「テコレップシステム」は、最上階既存梁と一体化した仮設の鉄骨柱とジャッキを設置し上部より1フロアずつ解体・分解を行う、最大限に環境に配慮した超高層建物の解体工法でした。その後2014年には、既存最上階の梁のみでなくスラブコンクリートまでも閉鎖空間の屋根として利用し、支持柱も既存柱を利用した究極の既存躯体を利用した工法の開発も行いました。
 今回、開発した『テコレップ-light』が加わり、大成建設の解体工法として以下のラインナップが整いました。

テコレップシステムのラインナップ
(1) テコレップシステム(適用物件:旧大手町フィナンシャルセンター、旧グランドプリンスホテル赤坂)
既存最上階躯体(梁利用)を屋根として用いたタイプ
 
(2) テコレップシステム(適用物件:旧赤坂ツインタワー東館)
既存の最上階床、梁、柱、全てを利用するタイプ
 
(3) 【新開発】テコレップ-light
鉄骨造の軽量屋根を用い、RC造にも適用可能
 

 今後、大成建設は、この環境に配慮した閉鎖型解体工法のラインナップを、100m以上の超高層のみならず、中高層建物まで視野に入れ幅広く展開し、顧客ニーズに合わせた提案を行ってまいります。

RC超高層建物にも適用可能な解体工法『テコレップ-light』を開発

ページ上部へ