ホーム > 会社情報 > プレスリリース > 2017年 > 優れた防虫性能を有する気密型フィルターユニット「T-Pest Guard® II」を開発


文字のサイズ
  • 小
  • 中
  • 大

プレスリリース

優れた防虫性能を有する気密型フィルターユニット「T-Pest Guard® II」を開発

フィルター構造を改善し、メンテナンス手間とコストの低減を実現

2017年4月18日


 

大成建設株式会社
近藤工業株式会社

 大成建設株式会社(社長:村田誉之)は、近藤工業株式会社(社長:近藤芳世)と共同で、優れた防虫性能を有する気密型フィルターユニット「T-Pest Guard® II」を開発しました。本ユニットの設置により、空調機から建物内部への飛来虫侵入を確実に防ぎ、またフィルターユニットのメンテナンスにかかる手間とコストの低減が可能となります。


 医薬品、食品、半導体等を製造する施設では、給気口や給気ダクトから外気を導入し、施設内を換気する場合、外気とともに飛来虫等が施設内に侵入するのを防ぐため、給気口や給気ダクトに捕捉用防虫網やフィルター濾材を備えたフィルターユニットを設置するのが一般的です。従来のフィルターユニットは、構造上、フィルターと固定枠の間にわずかな隙間が生じ、その隙間から飛来虫が侵入する可能性がありました。このような課題に対し、これまで当社では気密型フィルターユニット「T-Pest Guard®」※を開発し、製造施設への適用を図ってきましたが、メンテナンスにかかる手間やコスト面で課題がありました。 


 そこで、当社は、近藤工業株式会社と共同で、初期モデル「T-Pest Guard®」を改良した新しい気密型フィルターユニット「T-Pest Guard® II」を開発しました。新型モデルは、フィルター枠材に新しい内部構造を採用し、枠材本体を交換せずに優れた気密性を維持しつつ、フィルター濾材だけを交換可能とすることで、メンテナンスの手間とコストを低減しました。
 

「T-Pest Guard® II」の特徴は以下の通りです。
(1) フィルター枠材は、濾材を設置する固定枠とねじ式ジャッキにより可動する移動枠から構成され、移動枠を矢印方向に移動させ、固定枠に隙間なく押し付ける構造であるため、気密性に優れ、飛来虫の侵入を確実に防ぎます。(図-1、写真-1参照、特許出願済)
 
(2) フィルター交換では、初期モデルのような金属製フィルター枠材毎の交換が不要で、濾材上部に取り付けたダブルクリップをガイドとして利用することで、容易に固定枠への濾材挿入・引抜が可能となり、メンテナンスの手間を低減することができます。
 
(3) フィルター交換は濾材のみの交換となるため、濾材の製造メーカーや厚さなどを問わず、取り付けることが可能で、本フィルターユニットのランニングコストを低減でき、また金属製フィルター枠材などの廃棄物も出ないことから環境にも配慮した設備となります。
 

 今後、当社は、近藤工業株式会社と共同で、医薬品、食品、半導体等を製造する新築・既設の施設に対して、「T-Pest Guard® II」を積極的に展開してまいります。


※「T-Pest Guard®」
このフィルターユニットは、当社と近藤工業株式会社との共同開発品の初期モデルで、フィルター濾材と防虫フィルター本体枠間のパッキンを固体金物で圧接させることにより気密性を向上させ、細かい虫を建物内に侵入させない構造である。

「T-Pest Guard® II」概要図 「T-Pest Guard® II」枠材

ページ上部へ